« 自分の事しか考えない民主党議員には辟易 | トップページ | イチャモンは付けるが、どうすべきかを言えない小者達 »

2010/07/22

金賢姫来日批判はアナタのためだから?パフォーマンスだと批判する人のパフォーマンスに辟易

アナタのためだからと、その実アナタの事なんか全然考えてなくて、自分の利益に結びつけるだけ。某コマーシャルを見て、そうだそうだと思った方は少なくないのでは?拉致被害者の方々に対しても、いかにも被害者の味方のように振舞いながら、その実アナタのためだからと、己のパフォーマンスにしか関心が無いのが大多数の日本人ではないだろうか。

例によって、飯を食いながらTVのニュースショウを横目で見るくらいしか時間が無いが、このところの金賢姫元死刑囚来日に関する報道は、どうもどこか奥歯に物が挟まったような、何が言いたいのか良く分からないが、なんとなく彼女の来日を批判しているようなニュアンスが伝わってくると思うのは私だけだろうか?

?としたのは、生来私は鈍感なので、ハッキリと言われなくては状況認識できないからだ。金賢姫来日を批判するなら、イカンと言ってくれれば良いのだが、ハッキリとそういう報道を見た記憶が無い。昨日の朝の番組ではデーブスペクターが、傘なんかさして今更顔を隠したりしないで堂々とくれば良いのに、姑息だと吠えていたが、こう言うアホな発言をTVでするかあ?と、目が点になった。

コソコソも何も、現にどこに行ってもすさまじい報道陣ではないか。ひょっとしたら彼一流のギャクかとも思うが、思わず吹き出してしまった。

で、チョイとだけネットで新聞の見出しを拾ってみた。

朝日横田さん夫妻「特別新しいものない」 金元死刑囚と面会

毎日<金賢姫元死刑囚>「きっと会える」めぐみさん両親を励ます

読売金・元工作員「めぐみさんに会ったのは1度」

産経早紀江さん「一番聞きたいことがごじなく…」 金元工作員と面会

見出しを見る限り、あまり来日を評価しているようには見えない。

でもTVと同じく、ハッキリ批判しないのは、拉致被害者がこれを批判してないし歓迎しているからだろう。例によって産経は、早紀江さん「一番聞きたいことがご存じなく…」とか表現して、何とか悪印象を読者に植え付けようと必死だ。

あるいは、遊覧飛行がケシカランとか好待遇がケシカランとか、まあいろんなことを言ってる人がいるようだが、ハッキリ言って、愚劣極まりない。アナタのためだからと、拉致被害者や天下国家を論じるフリをしながらその実、セコク己の環境と比較したり、うっぷん晴らしにしか見えない。

だったら、来なかった方が良かったのかだ。特別機をチャーターしようが、厳戒態勢だろうが、あれこれ批判する向きもあるが、金賢姫元死刑囚には一生自由が無い国家犯罪の生き証人との前提が理解できないらしい。好待遇も減ったくれも無いだろう。どの道彼女は、国家間で人生を弄ばれているに過ぎない。それとも、金賢姫は自分で作戦を立ててテロを指揮実行したと思っているのだろうか?

この辺はいろいろと考えさせることが多々あるけれど、書いてる時間が無いから、先行こう。いづれにしてもだ、ここで考えるべきは拉致被害者の立場に立つと言う事じゃないだろうか。アナタが私が、拉致被害者だったなら、金賢姫元死刑囚来日をどう捉えるのかだろう。

私が拉致被害者の家族なら、日本と言う国家は、税金を払ってきた善良なる国民が、日本国内から外国権力によって拉致されたのに、ほとんど自力では何も解決できないのだから、明らかに拉致問題解決にマイナスになる事以外ならば、何だって歓迎する。

それに文句言う奴がいたら、じゃアンタは何をしてくれる?それにだ、飛行機をチャーターしたり、厳重な警護がついたからと言って、その経費がいかばかりのものか。そんな目くじら立てるほどのもんか?自分の生活レベルでモノを考えるなよ、と言いたい。

そして、同じく自分のオツムのレベルだけでもを考えるなよ、とも。ここから先は全くの想像と主観だが、ヒラリー氏が軍事境界線に立つのも無意味かだ。それが正しい無意味であるならば金賢姫来日も無意味だろう、全ては数量的にハッキリ即物的な効果が把握できなければ評価できなくなり、結果的に何をやってもムダと言うことになる。

今回の件を批判する人々は、金賢姫が来日し、ヒラリー氏が軍事境界線に立つことに、北朝鮮は何の影響も受けないと本気で思うのだろうか。そして20年前に逮捕された金賢姫が今の北朝鮮に関する特別な情報を持っていると本気で思っているのだろうか。金賢姫が知っているのは20年前の正に拉致が行われていた頃の情報である事くらいバカでも分かると思うのだが・・・。

さらには、そうした情報が、仮にもたらされたとして、それを政府が全部垂れ流しにすると本気で思うのだろうか。私にはどうにも、こう言う批判をする人々は、自分達の平和でノホホンとした生活の中でしかものを考えない、自分の生活レベルでしかものを考えられない、もっと言うと自分のことしか考えない、としか見えないのだ。

ついでに言うと、鳩山さんは、これを選挙に利用しなかった。

金賢姫来日をパフォーマンスだと騒ぐ自民党議員とは、人間として、政治家として、その器とレベルの差を感じてしまった。

おっと5行くらいのツイッター並みの記事のつもりが・・・、オニ嫁からはブログ更新してるバヤイかとアタマ叩かれた。と言うわけで本日これにて、例によって誤字脱字御免!

↓ ↓ ↓ 

人気blogランキングへ

|

« 自分の事しか考えない民主党議員には辟易 | トップページ | イチャモンは付けるが、どうすべきかを言えない小者達 »

コメント

北朝鮮に拉致を惹起させ、核開発を進めさせたのは
言うまでもなく、違法武装集団・昭和平成の日本軍部による異常な軍拡である。
イラク・アフガンへの侵略強盗殺人の共犯者となった日本軍部と、
核艦船を日本に持ち込んだKITIGAI国家アメリカが
北朝鮮に拉致や核開発を決意させたのだ。
間違えてはならない、
日朝韓国民の共通の敵は、日米・朝韓のKICHIGAI軍部である。
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/kansentinbotu01.htm
アメリカが日本資産を強奪するときその恩恵に与って棲息する一群の破廉恥漢たちがいる。
郵政民営化とともに有事法を推進した犯罪者どもがその典型であろう。
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/ozawa01.htm
東京地検特捜部が「巨悪は眠らせない」という巨悪とは、言うまでもなくこの有事法体制確立に邪魔になるものである。
圧倒的な民意で政権交代を国民から託された新政権を執拗に狙う仕事を東京地検特捜部に投げ与えた犯罪者どもとの闘いに
日本国民が勝利しなければ真の民主主義の勝利もありえない。
(因みに、世耕弘一の孫が自民党の世耕弘成である。この男は、「自民党のゲッベルス」との異名で呼ばれ
電通などの広告会社と協力し「チーム世耕」を擁しマスメディアへの謀略を事細かに指揮し2006年9月26日、
安倍内閣の内閣総理大臣補佐官として政権入りし安倍晋三の最重要プロジェクトである「『美しい国づくり』プロジェクト」を推進した。
弘成は1990年よりNTTからの派遣でボストン大学コミュニケーション学部大学院へ留学し、1992年修了、企業広報論修士号を取得している。)
(佐久間達哉特捜部長・過去に長銀粉飾決算事件を主任検事として担当し、
日本長期信用銀行の頭取経験者ら旧経営陣をマスコミを使って大騒ぎを起こし次々と逮捕し起訴したが最高裁で冤罪無罪となった。
特別捜査部が手がけた大規模な経済事件において無罪が確定するのは極めて異例。

投稿: a | 2010/08/07 07:53

パフォーマンスだと批判する人のパフォーマンスに辟易するパフォーマンスに辟易した。

投稿: 熱中症注意! | 2010/07/25 12:05

拉致被害者の立場に立つということについて、全く同感です。
下記コメントは別のブログにコメントしようとしたのですが、私の捜査がミスったのか(慣れないものですみません。)スパム投稿と判断されたということで掲載されませんでしたので若干修正して殆ど同じ内容のものですが投稿させて頂きます。
テレビ朝日の大谷昭宏という元読売新聞事件記者が「テロリストを特別入国させて国際社会にどう説明するのか」と批判していましたがとんでもないことです。
金賢姫氏は恩赦によって釈放されたのですから犯歴は消えませんが罪は償ったのです。日本の入管は罪を犯したものは償ったあとも入国させないようですが、日本社会では罪を償った者を差別するのは人権侵害だというのが常識のはずです。普通、刑期を終えて社会に復帰した人を元死刑囚とか元殺人犯とか呼べば立派な人権侵害ですが、マスコミが主導して社会にそれを許すような風潮が見られるのは心配です。
また彼女は「元テロリスト」ではありますが現在はテロリストでないことははっきりしています。拉致実行犯の辛光洙のように恩赦で自由になったあと北朝鮮に戻りテロリストの英雄になっている人物とは正反対です。彼女は北朝鮮の秘密を暴露し、それがために当局から狙われ、家族も収容所に送られた人物であり現在はテロリズムに対峙している人物なのですから、拉致被害者家族会の方たちをはじめテロリズムに反対する人にとっては連帯すべき人物です。もし、大谷氏が真にテロリスト云々をいうのであれば、今では反テロリズムになっている金賢姫氏を誹謗するのでなく、現役のテロリストである金正日の名前を何故発音しないのでしょうか。大谷氏の体にはジキル氏とハイド氏が同居しているようで、時には足利事件については菅谷さんの立場になって検察批判の姿勢を見せたり、時には今回のような人権侵害をしたりします。一連の小沢氏への検察捜査についても、今年の一月時点では郷原氏の主張に同調してでっちあげだと批判したかと思えば最近は、小沢氏が説明責任を果たしていないなどと小沢批判をします。大谷氏の人権感覚が偽物の商品であることが良くわかります。大谷氏が本気で社会の為に人の過去の犯罪に言及しようとするのなら、例えば小泉純一郎氏が自身の犯したおぞましい事件で告訴され、2006年にJapan Probeという英字ニュースにもなっていることなどについて報道してもらいたいものです。

今回の中井国家公安委員長の仕事はグッジョブです。まず、北朝鮮がいやがっています。(大谷氏は、金賢姫氏が「北朝鮮の顔もたてなければならない」と述べたことを引用し、北朝鮮の嫌がることをしてはいけない、と言います。レベルが低すぎます。彼女は「顔も」と言ったのです。そして、それは彼女が言ったからそうするのが正しいというような教条主義なのではなく、交渉ごとはそういうことだということです。兵は詭道なり。城に攻めざる所有り。)そのことが、ASEANの会議で北朝鮮代表の「国と家族を裏切った」との発言を誘発し、かの国が金賢姫の存在を認めてしまいました。家族会の方が言われていますが、北朝鮮が横田めぐみさんたちを徹底的に隠すのは大韓航空機爆破テロ実行を否定するためと推定されておりそれを北自身が認めざるを得なくなれば拉致被害者は開放される可能性があるとまで言われています。そうだとすると北朝鮮代表の発言は重要で、中井大臣はグッジョブです。
そして、新しい情報がなかったとはいえ、いくつかの誤解、誤報がただされました。また、あらためて拉致問題の重要さを日本人に換気してくれました。そしてなにより家族会のメンバーとより親密になり連帯の絆が深められたことです。東京上空を遊覧飛行して日本の豊かさを実感してもらったのも非常によかった、今後一層日本に協力してもらえることが期待出来ると思います。できれば家族会代表のかたも同乗して案内してあげればもっと趣旨に沿ったものになったでしょう。

これだけ、良いことがあるのにマスコミは徹底してネガティブキャンペーンです。まず、初日にはチャーター機来日について「数千万円もかけて」と報道した局がありました。瞬間的に数字を膨らませて報道していると思いました。視聴者に悪印象を植え付けるためには国民の税金を沢山使っているように宣伝することが効果的です。遊覧飛行については70万円もかけて無駄なことをしたとの批判ですが、上記のとおり立派に意味のある接待です。それを誹謗して意味を失わせようとしているのはマスコミです。

マスコミ報道は、日テレ、TBS、フジ、テレ朝すべて同じです。楽譜にユニゾンでトゥッテイでフォルティッシシモと書いてあってちゃんとした指揮者がいなければウィーンフィルでもこんなに合うものではありません。作曲家と指揮者は誰なのか、是非顔を見せて欲しいものです。

追記ですが、今回は全て中井大臣が仕切ったように見えます。上記の作曲家や指揮者のように覆面ではありません。そして、特別許可を出した千葉大臣はハンコを押す程度の「関与」してはいるでしょうが、外務大臣、外務省が関与しているようには見えません。そうならばこれも面妖なことです。また、辛光洙釈放の嘆願書を出したと言われる菅首相も同様です。
なにかデジャヴな光景を感じて、よく考えでみると普天間問題の第三楽章のあたりで、おなじような旋律を聴いたような気がします。同じ結果にさせないよう、中井大臣を応援します。

投稿: 柏井松南 | 2010/07/24 15:49

>いづれにしてもだ、ここで考えるべきは拉致被害者の立場に立つと言う事じゃないだろうか。

全く同感です。
一にも二にもこれですよ、これしかない!

だいたいにおいて、拉致被害者を救出するために、谷垣やら大島といった連中がいったい今まで何をやってきた、どういう努力を払ってきた、というのでしょうか?

そもそも、国家としての最低限の役割とは、「国民の保護」、つまり、国民の生命、自由、幸福追求の権利を保障することです。それなのに…。

(以下引用)
 国家はどんな理由があろうとも、どんな逆境にあろうとも、どんな困難が待ち受けていても、国民の生命、自由、幸福追求の権利を守るべし。何が何でも、国民の権利を保障せよ!
 憲法は国家にそう命じているのである。
 このことは何度強調してもし足りないが、憲法とは国家権力を制限し、国民を守るために生まれたものである。
 したがって、憲法の主たる目的は、国家権力への命令にある。
 (略)
 (略)近代デモクラシーの憲法は、国家権力の横暴や暴走から人民を守ることを、その第一の目的とする。言うなれば、憲法とは国家というモンスターを縛る「鎖」なのである。
 したがって、第13条に「最大の尊重を必要とする」とあるのは、単なるかけ声や心得ではない。
 憲法に書いている以上、どんな政策課題や立法上の課題にも優先して、国民の生命、自由、私有財産を守る義務がある。憲法は、明確にそのことを国家に対して命じているわけである。
 では、この13条の命令を、わが日本国の政府や国会はこれを誠実に遵守しているか。きちんと守っているか? 彼らは「最大の尊重」をしているであろうか?


 横田めぐみさんは、何も海外旅行で危険な地域に行って誘拐されたわけでもない。ましてや、北朝鮮に侵入してゲリラ活動をしていたのでもない。普通の中学生として国内で平穏に暮らしていたところを工作員によって無理矢理、船に乗せられ連れ去られたのだ。
 このような無法が行なわれたことを分かっていながら、日本政府は北朝鮮の在日資産を凍結もしなければ、交渉断絶もしない。ましてや北朝鮮に自衛隊の特殊部隊を派遣することなど、政治家の誰も本気で議論しない。そればかりか「人道支援」と称して、軍に横流しされるのが分かっている食糧を相手の求めるままに渡して、彼らの歓心を得ようとしているのだから何をかいわんやである。
「日本国憲法の問題点」小室直樹著、(集英社インターナショナル、2002、4、30刊)35~36、55ページより

長々と失礼いたしました。

投稿: しま | 2010/07/24 00:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/48946092

この記事へのトラックバック一覧です: 金賢姫来日批判はアナタのためだから?パフォーマンスだと批判する人のパフォーマンスに辟易:

« 自分の事しか考えない民主党議員には辟易 | トップページ | イチャモンは付けるが、どうすべきかを言えない小者達 »