« イチャモンは付けるが、どうすべきかを言えない小者達 | トップページ | 最も無視され、最も注目される小沢擁立に最後の期待 »

2010/08/07

原爆の日

昨日6日は、広島原爆の日だった。平和記念式典には潘基文(バン・キムン)国連事務総長や原爆を投下した米国の代表らも初めて参列した。65回目にして、最も注目すべき式典だったのではないかと思う。

オバマ大統領が核廃絶を呼び掛けている中、これを推進する上で最も発言力があるのは我が国をおいて他ならない。落とした国、落とされた国が、共の手を携えて核廃絶を呼び掛けてこそリアリティが増す。

日本だけが呼び掛けても、悲惨さを訴えるだけが関の山、核廃絶には元々確を保有してないから説得力は無い。核を持っている国が廃絶を呼び掛けてこそ初めてリアリティが出てくる。核の是非の議論以前に、アメリカ初め各国が核を保有するのは、兵器として有効だからだ。

兵器としては非常にコストパフォーマンスが高く、一人当たりの殺人単価が通常兵器と比べて圧倒的に安い。そして絶対的に超絶した破壊力を有しているから、究極の最終兵器だ。それゆえ、国家間の紛争を解決する手段として選択した場合、最強の武器となるが、同じ理由で相手が持ったら最悪の状態にもなる。

厄介なのは、限度を超えた破壊力だから、相手が1発でこちらが100発なら、相手の100倍強いとはならない点だ。限度を超えた破壊力だから、1発だろうが100発だろうが限度を超えた破壊力においては、その数はあまり意味が無い。

まして大陸間弾道弾で発射合戦となれば、世界がアウトだ。確かに戦争抑止力にはなるが、イカレポンチ国家がこれを持てば、世界がヤバイ。

そして現に戦争は無くならない。核の抑止力を評価するならば、全世界が核を保有するべしとなるが、今述べたように、イカレポンチの国家が現にある以上それは地球の自滅を意味するから絶対避けなければならない。

であれば、核廃絶しかない。しかし、必要だから核を保有しているので、そんな事いくら言っても世界が平和になるには国境を無くせばイイじゃないかと言うようなもので、お子チャマのたわごとだろう。

だが、世界最大の軍事大国がそれを言えば、これは俄然、現実味が増してくる。日本は何故、この機会を最大限に利用しないのだろうか。以前から不思議でならない。平和憲法、平和国家と叫んでいながら、未だに大々的な動きが感じられない。

昨日の式典には、国連からもアメリカからも参加していると言うのに、一日置いたら記事すら目にしない。一体どうなっているのだろうか。核の悲惨さだけを訴えても、核の廃絶にはとんと無関心と言うわけなのだろうか。どうにもこのメンタリティが理解できない。

菅総理も、消費税で散々叩かれたが、ここで核廃絶を声高に訴え、全世界にアピールする絶好の機会だと思うのだけれど。そうすれば消費税で付いたケチもだいぶ収まろうと言うものだ。どうです皆さん、そう思いません?

本日これにて、

↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ

|

« イチャモンは付けるが、どうすべきかを言えない小者達 | トップページ | 最も無視され、最も注目される小沢擁立に最後の期待 »

コメント

日本に対して好意的な感情を持っておられながら、サルよばわりするという当ブログの論理が理解できません。はっきりと人種差別といわないところが偽善です。石油や鉱物資源どころか、農水産物ですら自給しきれず、地政学上ロクデナシに囲まれているのですから、異常なまでに欧米での評判を気にするのは当然です。日本製品がボイコットされて、外貨が入らなければどうしようと不安にさいなまれる。外貨がなければ石油も小麦も買えない。あるいは金があっても農水産物を買えない(最近、中国に買い負けている)とおそれる。それこそ、中東の癌ユダヤ人がごとく、世界金融の中枢とアメリカの核を押さえていれば安全が保障されるのと同じです。日本がアメリカ"様"に対して宗主国として服従するのは。日本の場合は金融の中枢を押さえられないから、バカ高い"みかじめ料=用心棒代"という名目で上納しているのです。国際世論に何をいわれようとも、国連に指摘されようとも、パレスチナ人を殺しまくっても、何ら国家が揺らぐことのないイスラエルがうらやましいです。そこまでやるなら、人類が産んだ思想的汚物であるイスラム教国家(除くエジプト、トルコ、インドネシア)を、秘匿しているとされる核兵器で焼却していただけませんか。なまじ、イスラエルに勝てると幻想を抱くから、パキスタンのマドラサで自爆テロリストを養成する。日本が第二次大戦で連合国に降伏したのは、カミカゼ攻撃を全国民で行うと決意したところで、核で一方的に焼き殺されるということがわかって、己の決意に対して絶望したからです。キリスト教的にいうならば、絶望こそが福音となったのです。

投稿: howoohooh | 2010/08/18 09:59

アメリカが核の廃絶を言っているが、おそらく全廃ということにはならないでしょう。
なぜなら核兵器ほど費用対効果の高い兵器はないですからね。
リアリストなアメリカが果して放棄などするだろうか?私はないと思います。

投稿: きき | 2010/08/12 08:52

原爆を無価値化させるものが出てこない限りいくら騒いでもなくなりませんよ。あしからず

投稿: ぷにょ | 2010/08/11 12:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/49082808

この記事へのトラックバック一覧です: 原爆の日:

« イチャモンは付けるが、どうすべきかを言えない小者達 | トップページ | 最も無視され、最も注目される小沢擁立に最後の期待 »