« 「政治と金」の大いなる勘違い | トップページ | 「小沢=悪」に凝り固まる人々 »

2010/09/02

器の差が歴然とした公開討論

本日の午前中をもって、やっと忙しさから解放された。いただいたコメントにもレス出来そうだ(タブン?)。で、ここのところ寝不足だったので、チョイと昼寝してたら、小沢と菅の公開討論会が始まった。で、約2時間、途中ウトウトしつつも見ちゃったのだ。

日本記者クラブでの公開討論となっていたが実態は共同記者会見であり、別に小沢氏と菅氏の公開討論と言う感じではない。なので、始めはモッタリしていて記者の質問に対する両氏の回答も面白みが無かったが、政治と金にまつわる記者の質問になると、これが実に面白かった。

一言で言えば、格が違い過ぎたのだ。小沢氏に対して、質問する記者も菅氏も、あまりにもレベルが低すぎる。それがハッキリと印象づけられる内容だった。頭脳の善し悪しとか知識レベルの問題ではなく、生き方の目的意識や覚悟あるいは心根のレベルがあまりにも違いすぎた印象だ。

あくまでも私の印象なので、全く別の印象を持つ方もいるかもしれないが、小沢氏は常に天下国家を考え、ある種覚悟を持っているのに対して、記者達は小さな自分の利益でしかモノを考えられない。菅氏も、総理の椅子に座る事が目的に見えてしまった。と、そういう印象だった。

具体的に行こう。記者が、小沢さん覚悟はよろしいかと前フリして、政治と金の問題として検察審査会の事について質問が出たが、小沢氏曰く、強制捜査権を持った国家権力によって1年半に渡って強制捜査を受け、捜査にも協力したが、結果起訴されなかった事はこれ以上の潔白は無いだろうと、言いきった。

全くそのとうりなのだ。記者は説明責任を口にしたが、今まで散々説明したではないか、国会議員の中で自分だけが全てを公開し領収証まで公開しているとも。これまた全くそのとーり、何が聞きたいのかすら代表記者は言う事が出来ない。

小沢氏から散々論破されると、苦し紛れなんだろうか、何故政治に金が掛かるのか、その使い道をちゃんと説明しないから疑惑をもたれるのだ、そこを説明しろと言う。小沢氏は、呆れて、「だから、全て収支報告書をと領収書も公開してるでしょ」と。

もし、これでも、まだ説明責任とかマスコミが騒ぐならば、では何故、何が納得できないのか記者は言うべきだ。少なくとも全ての質問に対して、理路整然と小沢氏は答え筋が通っていた。故に、代表記者達がいくら突っ込もうとしても、それ以上突っ込む事が出来なかった。

もし、納得できないならば、具体的に何が納得できないのか言わずに、説明責任を口にするならば、唾棄すべき卑劣な発言だろう。

この事はノーカットで放送されたNHKの放送を見た人は分かったハズ。あのノーカット放送を見ても尚、説明責任を果たしてないと言う人がいるならば、もう何を言ってもムダな人だと思う。

小沢氏の何処に、具体的な政治と金の疑惑があるのか、有ると言うメディは、もういい加減に具体的に何の事なのか説明をすべきだろう。説明責任を果たすべきはマスメディ側にある。

今回、小沢氏が、堂々と、強制捜査権の有る国家権力が1年半に渡り強制捜査をし、事情聴取もして基礎されなかったのだから、これ以上の潔白は無いだろうと主張した事で、実にスッキリした。このセリフが放送されれば、いかなノータリンでもいい加減気づくべきだと思う。

心を平らにして、物事を見つめれば、過去現在を通じて、これだけの強制捜査を受けて何も出てこなかった人間がいる事は驚異であり、そうしたチェックを受けたのだから、結果的に、検察が小沢氏の潔白を証明している。

最高の国家権力によって潔白が証明されたものに対して、政治と金の問題を問う資格がある人間がいるだろうか。小沢にモノを言うならば、先ず自らそこを明らかにすべきだろう。闇米を食わなければ飢え死にするのに、平気で取り締まり裁く欺瞞の伝統が、この国の精神風土なのか。

全編を通じて、小沢氏の説明にはどこにも破たんが無いのは驚異だったが、日本テレビの論説委員が、普天間問題の質問で小沢氏は具体案があると言ったがと質問すると、具体案が有るとは一言も言ってないとピシャリ。

事実、この公開討論でも、そうは言っておらず、合意は尊重しつつも沖縄県民の要望が反対である以上、皆で知恵を出さなければ先に進まないと述べていた。すると件の日テレ論説委員は、じゃ具体案は無いんですねと念を押していた。

一体何が言いたいのだろうか、ひょっとしてこの部分だけを取り出して、小沢氏は普天間問題に対して具体案を何も持ってないと報道するのだろうか。

とにもかくにも、記者達は、何とかイチャモンを付けようとするが、全て論破されてしまい、負け犬の遠吠えのごとき、秘書逮捕の道義的責任とか管理者責任と言った、抽象的な精神論みたいな方向に持っていっていた。

だがそれにすら、小沢氏は、自分に管理者として責任があると言いきった。勿論その前提は、単なる手続きミスの内容で秘書たちが逮捕されているとの前提を明らかにしているが、その前提をカットして、あたかも秘書の逮捕が犯罪を犯して有罪であるかの様な前提に置き換え、繋げて報道するのだろうか、ニュース報道でどう編集されるのか興味深い。

そして、かわいそうなくらい現職総理が無視されていたことも興味深かかった。記者達は、思い出したように時々、お二人に聞きますと言うが、質問の中心は常に小沢氏だったので、さすがに菅氏が気の毒になってしまった。菅氏自身がやたらと私は現職の総理ですからと言うに至っては、ホントに惨めで、どっちが総理なんだと言う印象だったのだ。

以上思いつくまま。ノーカットの映像は誤魔化しがきかないので、価値ある情報の宝庫と思った次第。本日これにて。

↓ ↓ ↓ 

人気blogランキングへ

|

« 「政治と金」の大いなる勘違い | トップページ | 「小沢=悪」に凝り固まる人々 »

コメント

とうり ではなく、とおり=通りです。

投稿: RK | 2010/09/04 07:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/49324519

この記事へのトラックバック一覧です: 器の差が歴然とした公開討論:

« 「政治と金」の大いなる勘違い | トップページ | 「小沢=悪」に凝り固まる人々 »