« 外交ドジを検察のせいにする菅内閣のオソマツ | トップページ | 内閣発足と同時に、超弩級国家の混乱2連発は偶然? »

2010/09/30

菅内閣は一刻も早く姑息な対応を止めて総懺悔を

尖閣諸島沖中国漁船衝突事件における菅内閣のドジは、いかな理屈を付けても正当性を主張するには無理がある。このまま検察のせいにして行くならば、いづれ次々とボロが出てきて、にっちもさっちもいかなくなり、民主党が消滅しかねない大打撃となるだろう。

1.菅内閣は先ず総懺悔し、国民に謝るべき

■己が保身や体面よりもここは国家

政権が発足したばかりなので、いくらなんでもここで辞職は無いだろう、何とか、事態を打開したい。ドジを回復したいと言う気持ちは分からんでもないが、と言ってあげたいが、分からん。

どうひいき目に見ても、あるいはフォローしてみても、論理的に無理があり、正当化する理屈が思い浮かばない。しかもそのドジは、国家そのものの存在意義を自ら否定するものであるから、少なくとも政治家としての良心がカケラでもあれば、己が保身や体面よりもここは国家を考え、ただちに総辞職し解散総選挙しかあるまい。

■国民の審判を仰ぐべき

総辞職=解散総選挙ではないので具体的手続きはいろいろ考えられるだろう。例えば国民に対する謝意として、総辞職の意思を表明し、同じ与党側から不信任案を出させ自ら可決総選挙となるかもしれない。いづれにしても手続きに関するテクニカルな部分はしかるべき専門家が考えればよい。

あるいは、も、少し色気を出すならば、単に総辞職して小沢氏に交代すると言うのも手だが、与党内のドタバタが目立ち過ぎてしまい、結果的には政権維持に対して打撃が大きいと思う。

何にしても、ここは素直に、船長釈放は政治的判断でしたスッマセンでした―っと、内閣全員で国民で頭を下げるべきだ。その上で、謝って済む事ではないので、解散して国民の審判を受けますとやれば、多少は許してもらえるかもしれない。

■強まる国民の失望感

このままずっと、検察の判断です、なんてやっていると、世界中の笑いものだし、民主党自体への信頼がかつての自民党以上に失墜する。その場合の国民の落胆と失望感はブルータスおまえもかとなって反動が大きく、自民党以上に再起不能になるだろう。そうなると、負けると分かっているので、議員達は大挙して民主党から離脱するだろう。

■素直に謝れば、まだ期待が持てる

もし民主党を救う道があるとすれば、ぼろ負け覚悟で、国民の審判を仰ぐしかあるまい。さすれば、素直に反省したのか、まだ期待が持てるなあと許してくれる国民も出てくるかもしれない、と言うわけだ。

■どの道潰れる民主党

とは言え結論を言うと、早いか遅いかで、どの道民主党はつぶれるだろう。と言うか、こう言う国家を危機に陥れるドジをやらかして、今尚自分達の体面ばかりを気にして、検察のせいにしているような政権は潰さなければならない。

そもそも、今回の拿捕を命じたのは前原元国交大臣という、そして外務大任になって対応が混乱した。彼は永田メール事件で党存亡の危機を招いた男だが、前原氏一人の責任ではないものの今度は一派全員で国家の危機を招いた。2度ある事は3度ある。3度目が起こってからでは遅いのだ。

2.何が問題か

■個別具体の問題

ところで、この問題何が問題なんだろうか。念のため、個別具体に整理しておく。

前提として、国連総会出席中の温家宝首相が、滞在先の米ニューヨークで、中国人船長の「即時無条件」釈放を要求したのだから、これは誰が何と言おうと外交問題なのである。

     領海侵犯した船長を逮捕しておきながら、検察の判断で釈放したとするならば、検察の政府への介入となる。

     村木事件で検察の資質が問われている今、那覇地検がそのような独断専行をするはずが無い。

     仮に本当に検察判断であったとするならば、それを了とするのであるから、外交問題を検察の独断に預けたことになり、政府は不要となる。

     温家宝首相の要求がある前ならともかく、温家宝の要求通りに釈放してしまったのでは、圧力に屈した以外の何物でもない。これでは国家のガバナンスは機能していない。

     しかも、フジタ社員の釈放と引き換えでもないから、単に温家宝のポチを演じただけのバカ丸出し。

     そのバカ丸出し外交を自らのロジックでは説明できず、アメリカの支持のみをよりどころとする場当たりな対応には、国家観や国防意識の根本が感じられない。

     目的や結果がどうであろうと、細野議員が訪中した事が知れ渡り、それを密使とする論理矛盾。

等々、菅内閣の対応のオソマツさ、ドタバタは目を覆うばかりだ。

■アメリカの評価は関係ない

このところ、米国が日本の味方をして、日本の判断は正しいなどと言ってるようだが、正しいはずが無い。アメリカが支持したから菅内閣の行動が正当化されるなんて思う国民はバカだ。アメリカが支持しようが非難しようが、事の是非には関係ない。

もしアメリカのコメントが関係するとすれば、それはそのロジックに筋が通っているか否かであって結果のステイトメントではないはずだ。

国家観と国防意識の欠落が最大の問題

直近に起こっている個別具体の問題点を上記のように整理したが、こうしたドタバタが起きている最大の問題点は、国家観と国防意識の欠落である。国家存亡の根幹をなす問題なのに、再三述べているように、これを己が政権の維持の観点でしか考えてない事が最大の問題点なのだ。

とにかく根っこが無い。だから全てが小手先の議論ばかりだ。ただしこれは菅内閣だけではない、評論家諸氏が作り上げる世論もどうかしている。例えば、ビデオを公開するか否かと言った議論がそれだ。

■ナンセンスなビデオ公開論議

賛否の根拠は、日本の正当性を主張するためとか、収束しかけているのに中国を刺激を刺激すべきではないとか、そんな話ばっかりだ、何じゃそれ?これでは全く根っこが無くて、部分観や場当たり的な損得勘定だけだ。ガバナンスの認識がどこにも無いではないか。

例えば船長を釈放しておいて、今更ビデオを公開して日本の正当性を主張して何になる?ビデオを公開するならば、釈放する前だろう。温家宝の言う通りにゴメンナサイしておいて後から自分は正しいなんて、セコさバカさを晒すだけではないか。

一方ビデオを公開すべきではないと主張する人々の根拠も首を傾げてしまう。中国を刺激するな?はあ、何じゃそりゃ。なんで、そんな場当たり的な理屈が堂々とまかり通るのか、そうじゃないだろう!元々刺激してきているのは中国ではないのか!

だから船長を逮捕したんだろうが!違うのか(怒)。こう怒るのは断じて偏狭なナショナリズムなどではない。本質的な国家観・国防意識が無いからだ。相手国から領海侵犯し政府艦船に体当たり攻撃を仕掛けてきた事に対して、相手国が正当性を主張しているのに、当面の損得で対応を考える事が何とも小さい。その根っこには国家観も国防意識も全く感じられないからだ。

3・中国から見たら?

最後に、この一連のドタバタを中国側の視点で寸劇として見てみよう。屁理屈好きのベンダソンみたいな船長ならこう答えるだろう。

船長:尖閣は中国領土だ、だからオラは中国領海で漁をしてたんだっぺ。したら、日本の軍艦が領海侵犯してきたから、オラ、やつらを追い返そうと体当たりかましてやったっぺよ。したっけ、相手は軍艦みたいな政府船だからオラ達はだ捕されたんだ。

記者:ですが日本は、アナタが領海侵犯したので日本の法に基づき逮捕したと言ってますが。

船長:バカこくでねえ。日本は直ぐに、船と乗組員を返したでねが。領海侵犯してだ捕した船を直ぐに返す国がどこにあっか、おめえ、あったら教えてくれろ。一応カッコつがねもんだから、オラだけ逮捕抑留したけんど、ちゃんと釈放したべ。ヤツらニポン人の法律でも、オラは無実だって事だっぺ。だって、TV見てたら、ニポンのいっちゃんエライひとが、法に基づく検察の判断だから了とするとか政府は関係ないとか言ってんだっぺ。したっけ、テメーの法律でオレラが正しいって認めてんじゃねえか、けけけ。

記者:日本では、アナタの方から衝突してきた証拠ビデオを公開すると言ってますよ。

船長:だーかーらー、言ってるっぺよ、日本の軍艦が領海侵犯したからオイラが体当たりして追い返そうとしたって。ビデオ見たらオラが体当たりしたのがハッキリ分かるっぺ。だから公開しろや。もしもだ、おらが体当たりかましたのがイケナイなら何でニポンはオラを釈放したんだ。チト考えれば分かるっぺよ。やつらニポンが中国の領海を侵犯したからだっぺよ。他になんか理由があんのか。

記者:温家宝首相の圧力に日本が屈したと、世界は見てますが。

船長:そのとーりだっぺ。温家宝は尖閣が中国領土だからオラを釈放しろと言ったんだっぺ。それにニポンは従ったんだ。ザッツ・オールってやつよ、うひひひ。もうニポンは尖閣を中国の領土であると世界に認めたんだから、オラだけじゃね、中国はみんなで堂々と漁をするべいよ。

記者:日本は尖閣が日本領で、中国の地図にもそう載っていたと主張してますが。

船長:だからなんだっての、いつの話してんだ。昔の話するならよ、「漢の倭の・・・」つってな、ニポンは元々中国領なんだぜ。それにテメーの国の中で勝手に言ってるだけじゃん。だいたいよ、竹島だって韓国の観光客が自由に出入りして、日本人は行けないのに、ニポンの国内じゃ領土だって言ってんだろ。そんな理屈がとおるなら、世界は全部ニポンなんだろうよ。でもってたまたま外国が実効支配してるだけなんじゃね。けけけ。勝手に言ってろ。

記者:アメリカは日本の対応を支持し中国を非難してますが。

船長:知らんがな、これ日本と中国の問題じゃねえんかい。記者さんよ、アメリカはオラ達にどうせいと言っとるの?

記者:いやそれは・・・、

船長:何じゃい、分からんの。アメリカがニポンを支持するっちゅうて、それだけかい。アメリカはワシらにどうせいっちゅうのよ。オラに漁を止めいと言うのかね。アホクサ、オラとこの温家宝はニポンに注文付けたけんど、ニポンは何か主張したんかい。何も言わねで、国内でギャーギャー騒いで、外に対してはアメリカに告げ口かい、ニポン情けネー国アルね。

記者:日本は細野議員を密使として貴国に派遣した様ですが。

船長:ぷぷぷ、TVで放映して密使ってかい。ニポン政府ってバカ?ニポン政府は何で細野が中国に来たか知らないって?オイオイそれじゃ、ニポン政府は何に責任持つんだ。ま、どーだっていーけど、セコ過ぎねえか。オラとこの首相みたいに国際舞台で堂々やらんで、よく国民が呆れないもんだよ。

記者:いや、呆れてると思いますが・・・。

船長:へー、そう。なんか新聞とかの報道では、オラ達中国人観光客が減ってダイヘンだとか、レアメタルがどうだとか騒いでるみたいだけど。関心が違うんじゃね。ま、こっちとしては、ニポン人このままでいてくれた方が有難いけどね。

記者:はあ・・・

以上。

ところで、私ごとだが、日中学術交流の一環で、来月中旬に中国に行くことになった。個人的には早く解決してほしいと思うし、ちと不安だが、ショーバイで行くわけではないし先方も最高ランクの大学なので、ま、大丈夫だろう。実態の中国をこの目で確かめてこようと思う。

と言うわけで、本日これにて、

↓ ↓ ↓ 

人気blogランキングへ

|

« 外交ドジを検察のせいにする菅内閣のオソマツ | トップページ | 内閣発足と同時に、超弩級国家の混乱2連発は偶然? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/49603757

この記事へのトラックバック一覧です: 菅内閣は一刻も早く姑息な対応を止めて総懺悔を:

« 外交ドジを検察のせいにする菅内閣のオソマツ | トップページ | 内閣発足と同時に、超弩級国家の混乱2連発は偶然? »