« 小沢起訴で国家の危機から目を逸らすな! | トップページ | 雑談 »

2010/10/12

地方分権の前に、痴呆議員の資格審査!

先日、地方分権をテーマとする勉強会に顔を出してみた。結論を言うと相当にレベルが低い会合だったのでガッカリしたが、地方議員のレベルが低いと言う点では皆意見が一致した。特に基礎自治体の議員のレベルの低さは酷いものがある。

このところ物議をかもしている阿久根市ではあるが、元をただせば議会と職員のひどさに有るように思う。あるいは集団でセクハラをしたり、デタラメな政務調査費を請求した茨城かどっかの市会議員達など、TVに出てきて何やら言う様子は、見ていてムナクソが悪くなるほど程度の低い者が多い。

そこまで酷くは無いのだろうが、名古屋市議もさほど程度が高いようにも見えない。ま、こちらは政令指定都市だから、フツーの市町村ほど酷くは無いのだろうが・・・。

私が知る或る市議会も、相当に議員のレベルが低く、根性が悪いと言うよりも知能に障害があるのではないかとさえ思わせるものである。例えば、市民が多くの署名を集めて請願を出すと、いちいち全議員に挨拶に来いという。

そしてふんぞり返って、あんまりお上に楯突くんじゃねえとばかりに説教を垂れるが、誰それに挨拶したかとか、規則にも規定にもない事を持ち出し、常識が無いなどと論理がまるでなって無い。自分が生きてきた世界の処世術が全てと思ってエラソーにしている。

痴呆都市では、議員も痴呆なようだ。そして職員もだ。具体例をあげたいが時間が無いのと愚劣過ぎて書く気にもならないので、いづれヒマを見て書こう。同じく時間が無いので結論を言おう。地方分権は必要だが、痴呆都市に分権したら大変な事になるということ。

地方と一概に言うが、その実、行政と議会のレベルは信じがたいほどに格差がある。良いところを言えば、北九州市や金沢・太田市など行政規模に関わらず、独自の政策を工夫している自治体は、これに限らず多数ある。

一方では、先に拙ブログでも取り上げた埼玉県蓮田市のように、職員が予算に無い工事を勝手に発注し、契約も完了検査もない「付け予算」(?!)なる違法行為を堂々とやってる市町村もある。ちなみに、先に取り上げたスマートIC問題では、住民要望の安全対策をやりますと言いながら、一切の計画決定を拒否している。

そればかりか都市再生整備計画(=要は街づくり交付金の事)を立てながら、そこには住民が拒否している道路新設のみが計画として記され、逆に住民要望の安全対策は一切示されていない。その事を指摘されると、何時でも計画は変更できると議会で説明し、これまた痴呆議員達はそうかと納得してしまう。

何時でも変更できるなら計画とは言わないし、本当にそうなら最初から住民要望を入れておけばよい。こんなロジックの矛盾は専門知識が無くたって気が付きそうなもんだが・・・。とにかく、事ほどさようにオツムのレベルが低い。

そこで、こう考えた。自治体職員も一応は地方公務員採用試験を受け、或る程度ふるいにかけられる。だったら同じように地方自治に関わる議員や市長達も、資格審査が必要なんじゃないか。

一つは、知能テストだ。IQテストには誤差も有るし、知能そのものが低いと分かると恥ずかしくてならないと言うならば、誤差の範囲を加味して、うんとハードルを下げるのだ。例えば誤差が10有るとすれば、IQ90をボーダ―ラインに設定する。

もし誤差が20ならば、IQ80以上で市会議員に立候補出来る。こうすれば、IQ100の人間はテストの誤差が有っても必ず立候補できる事になる。知能が低い事自体は別に恥ずかしい事ではないし差別してもいけないが、逆に責任を負わせること自体問題だろう。

その上でただ知能だけでは政治は出来ないから、それなりの最低限度の基礎知識を求めるのだ。具体的には、地方公務員採用試験と同じにするのである。立候補予定者はあらかじめ市町村の

職員採用試験を受け、合格しておく必要があるとするのだ。こうすれば少なくとも、最低限度の行政に関する常識は確保できるだろう。

その試験に合格できない者が、合格した職員達の考えた予算を審議する事自体おかしなことだからだ。審議する側が審議される側よりレベルが低くては、いったい何のための審議か、考えるまでも無いだろう。

これだけで問題が解決とはならないが、少なくともスタートラインには立てそうではないか。今のように、選挙の得票だけで議員を選んでいたら、まさに衆愚そのものであり、自浄能力など期待できない。

地方分権の前に分権に値する自治体運営能力が有るかどうか、最低限度のクオリティの検証が必要だろうと思う。それなくして、痴呆自治体や痴呆議員に地方政府をまかせたら、基地外に刃物で、とんでもない事になり、日本中至るところ、破たん自治体だらけになることだろう。

国が破たんするだけではなく、自治体も同時に破たんしたのでは、この国は救いが無い。

本日これにて、

↓ ↓ ↓ 

人気blogランキングへ

|

« 小沢起訴で国家の危機から目を逸らすな! | トップページ | 雑談 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/49721102

この記事へのトラックバック一覧です: 地方分権の前に、痴呆議員の資格審査!:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/10/13 09:11) [ケノーベル エージェント]
蓮田市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010/10/13 09:11

« 小沢起訴で国家の危機から目を逸らすな! | トップページ | 雑談 »