« 雑談 | トップページ | 今更尖閣ビデオを公開して何の意味が有る?何とかならんのかこの馬鹿騒ぎ »

2010/10/28

中国の話し

飛行機がトラブル続きだったけど、どうにか中国から帰って来た。別に観光しに行った訳じゃないけど、なんていうか、結構エキサイティングな旅だったな。もともと中国文化に対するあこがれがあったせいか、どちらかと言うと中国が好きになった。

ただし、話には聞いてたけど、彼らの自己主張の強さにはたまげた。世界的に有名なホテルのやたら立派な会議室に案内され、何やらエラソーな人達が名札の用意された席についたところで、教授のプレゼンが始まると・・・、あのさー、そういう前フリは良いから早く結論言ってよ(←タブンこんな内容だと思う)と始まるではないか。

ほえっ、こっちがまだ話してる最中じゃんと思うのもつかの間、そのまま激しいバトルに突入した。そっちが招待しておいてそりゃねーだろーなんて思うのはこちらの勝手らしい。ひょっとして尖閣問題が影を落としてる?なんて勘ぐったが、どうもそーではなさそう。

こちら側の日本の教授(=世界的権威)もヒートアップして、最後は怒鳴り出したが、それでも最後はにこやかに握手をして、こちらが要望した資料や先方の主張を裏付ける資料を後日出しましょうとなって分かれた。

さぞや教授は、怒り心頭だろうと思いきや、こちらもケロッとしている。恐る恐る、いつもこんな調子ですかと聞くと、中国に限らず海外はこんなもんだ、弱肉強食だから、自分に非が無いなら、徹底的に主張すべきだ、とのこと。見直しましたぜ、先生。

この先生、女性だけど強い強い。その信念にはほとほと感心して、何度も見直してしまった。かつて、私の論文審査でイチャモン付けられた時は、ホントうるせーなーと思ったもんだが、とんでもない誤解と分かった。

要するに、議論がしたかったのだ。ただ日本人には議論を議論として割り切ってできる方がいないのと、世界的権威に楯突く勇気が無く、テキトーにいなしていたのだ。今度機会が有れば正面からバトルを挑もうと思う。

この大先生は、なんとあれだけけなしていた私の考えを、かの地で披露せよと、特別にプレゼンの舞台を用意してくれたのだ。つまり、けなされたと思っていたのは小生の器の小ささゆえだったと言うことだ。

彼らに私の考えがどこまで理解されたのかは、残念ながらじっくり議論する時間が無く今一つ不明だけれど、ウンウンとうなづいてたので、いづれまた機会が有るかも知れない。

この会議場の立派さとは裏腹に、宿舎は、大学の中のホテルで、こちらはバスタブ無しのシャワーだけだった。まあ、タダで行ってるから文句も言えまい。食いものはと言うと、パーティーは学食でやり、それ以外のメシは、大学内の食堂街で食った。大きな学食が2つあって、そのほかに大学内に商店街があって、生協や民間食堂が入ってるのだけれど、これが滅茶苦茶安い!病みつきになった1口サイズの肉まんは3個1元だから日本円で14円、一個5円足らずだが滅茶苦茶美味かった。

これを何とか家族にも食わせようとお土産で持って帰ったら、愚息曰く、とーちゃん、コンビニの肉まんの方が美味いぜ、だと。そーいえば、私は肉まんなるものを、今まで食した事が無かった。肉まんて、こういうものとは知らなかったのだ。

さて、かの地では、朝から晩まで、現地の学生と一緒に研究活動をしたのだけれど、自由時間は、極力ニュース番組を見ていた。だが、期待した尖閣問題は全くと言ってよいほど報道されておらず、16日だったか、前原大臣の「我が国は領土問題は存在しないとの認識だ」と言う談話をそのまま流していて、へ~、結構公正な報道するじゃんと思った。

でも、その1度きり。後はいくら気を付けてみていても、全くそうした報道は無かった。そのうちに、日本からは、中国の反日デモがスゴイが大丈夫かと心配のメールが入ってくるが、全くそんな雰囲気はどこにも無かった。

オカシイのは「尖閣」と検索するとネットが繋がらなくなることだ。どうやら、中国当局も、この問題にあまり触れたくなさそうで、良く分からなかったが、しつこく検索して、とっ捕まったら嫌なので諦めた。

さて、これをどう解釈すればよいだろうか。人それぞれに出したい結論に導くために様々なストーリーを描くだろう。ここでは単純に①中国の報道は国家統制されている、②尖閣デモに関する報道がされていない、③領土問題は無いとする日本の主張をそのまま報道していた。と言った点から考えてみよう。

私はこう考えた。

     中国当局は尖閣を中国領土にしたい(←言うまでも無いが)

     だが問題を大々的にして国民の関心を集めたくは無い。それはもし国民運動となってしまうと、尖閣を中国領土にできない場合、民衆の怒りが政府に向かうので、上手く勝ち取った時に初めて成果を誇示したいから。

     中国各地のデモは、官製デモで日本向け。日本に対するアピールが目的で本当に国内の関心が高まったら困るので報道しない。もし自然な民衆のデモで、当局も尖閣領有に対する国民の支持を求めるならば報道しデモ拡大を図るはず。

ただしこれが当たってるかどうかはあまり自信が無い。なにせ、前提条件が大雑把なのに、そこから導き出す結論が相対的に細か過ぎるからだ。いわば、食ってる肉まんの製造工程をあれこれ想像するようなものだ。

ただし、これだけは間違いなく言える。それは日本のマスコミが中国のお先棒担ぎをやっていると言うことだ。中国国内でも報道されてもいない反日感情を表すデモを、一体何の目的で日本のマスコミは流すのだろうか。

確かに事実かもしれないが、中国国内では全く話題にもなっていない事なのだ。とは言え、帰国してから見る日本のニュースでは、中国のデモの報道は目にしないから、たまたま私が中国に行ってる間だけの事なのか、あるいは日本のマスコミもお先棒担ぎをさせられている事に気がついたのか。その辺は分からない。

いづれにしてもだ、いったいどういう取材をしたのか知らないが、中国のデモを日本国内で報道して一番喜ぶのは中国政府だ。中共政府にとっては何とも便利な日本のマスコミだろう。事実を報道するならば何故、日本のデモも報道しないのだろうか。

例えば、元航空幕僚長田母神俊雄氏の尖閣問題に関するデモ(集会?)は一切報道していない。あるいは、尖閣とは離れるが、小沢一郎を支援するデモとかも報道されない。どーにもこーにも、日本のマスコミは常に何かの手先にしかならないようだ。

本質的にポチになりたがる人がマスコミ人には多い?などとつい揶揄したくなってしまう。

本日これにて、

↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ

|

« 雑談 | トップページ | 今更尖閣ビデオを公開して何の意味が有る?何とかならんのかこの馬鹿騒ぎ »

コメント

○SS様、コメントありがとうございます。
>ただの阿呆のため簡単に乗ってしまう体質のような気も最近してます。

⇒そうなんですよねえ、記者の一人ひとりは組織の選別を受け、或る程度のグレードに達しているはずなんですが、○○に交われば、ですかねえ。
*********************************************************************
○小山祐三様、コメントありがとうございます。
>日本が騒げば騒ぐほど「してやったりとほくそ笑む人がいるのでしょう。

⇒理由はともかくも、そして「誰が」もともかくも、かの国の誰かが、してやったりとほくそ笑み、そのお先棒を担ぐのが日本のマスコミである事は動かし難いでしょう。
*********************************************************************

投稿: ベンダソン | 2010/11/02 21:34

私は、中国と仲良くしたいと思っています。中国から日本へどんどん観光客が来て、日本からも中国へどんどん観光に行ったらいいと思っています。もちろん、貿易もです。
 日本のテレビで中国の反日デモ報道を見ていたウチノカミサンが、「中国ってひどいクニ」と言いました。なるほど、日本のテレビだけを見ていると、そうなりますね。
 ベンダソンさんの記事によると、中国では、尖閣問題はほとんど報道されていないそうですね。ということは、中国のデモは、尖閣問題で中国を非難している日本の報道に反応しているということなのでしょうか。日本が騒げば騒ぐほど「してやったり」とほくそ笑む人がいるのでしょう。その辺のところは、ウチノカミサンには理解できないようです。

 他の国の人と議論するときは、日本語のあいまいな表現を避け、主語をはっきり、結論を先にと心掛けることが肝要と思いました。

投稿: 小山祐三 | 2010/10/31 19:56

私は、中国と仲良くしたいと思っています。中国から日本へどんどん観光客が来て、日本からも中国へどんどん観光に行ったらいいと思っています。もちろん、貿易もです。
 日本のテレビで中国の反日デモ報道を見ていたウチノカミサンが、「中国ってひどいクニ」と言いました。なるほど、日本のテレビだけを見ていると、そうなりますね。
 ベンダソンさんの記事によると、中国では、尖閣問題はほとんど報道されていないそうですね。ということは、中国のデモは、尖閣問題で中国を非難している日本の報道に反応しているということなのでしょうか。日本が騒げば騒ぐほど「してやったり」とほくそ笑む人がいるのでしょう。その辺のところは、ウチノカミサンには理解できないようです。

 他の国の人と議論するときは、日本語のあいまいな表現を避け、主語をはっきり、結論を先にと心掛けることが肝要と思いました。

投稿: 小山祐三 | 2010/10/31 19:56

こんばんわ。どうやら日本のマスコミは「煽る」のが大好きなようですね。煽った結果どうなるかに関しては無責任ですが。それが何者かの意図が入っているのかただの阿呆なのか。。陰謀が裏にある説も多いですが、ただの阿呆のため簡単に乗ってしまう体質のような気も最近してます。

投稿: SS | 2010/10/30 20:27

CA 様、コメントありがとうございます。

すみません、どの大学かは、他の人迷惑が掛かるのでナイショです。

あと、前ににも言いましたが私の事は宇宙人だと思ってください。ま、日本人じゃないと言う意味ではガイジンです。

投稿: ベンダソン | 2010/10/30 00:56

どうも、どうも、お疲れ様です!
中国の反日デモについては、予想どおりです。日本では盛んに「誤報道」してましたよ。
逗留先の大学って精華大学ですか、それとも北京大学?
それにしても、ブログ主さんは「ガイジン」じゃなくて、日本人だったのですか!?

投稿: CA | 2010/10/29 23:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国の話し:

« 雑談 | トップページ | 今更尖閣ビデオを公開して何の意味が有る?何とかならんのかこの馬鹿騒ぎ »