« 決戦の日 | トップページ | そうだ、選挙に出よう! »

2010/12/29

なんとなく不可解

自分の専門外の事になると、一般常識で物事を判断せざるを得ないが、その一般常識自体に疑問を感じてしまい、もっと根源的なところで考えると、あれれ、よく分からんなと言う事がままある。

で、こちらの事件、最初は昨日のTVの報道を見ていて、フムフムけしからんなあと思っていたが、よく考えると何かヘン!

http://www.asahi.com/national/update/1229/TKY201012290094.html

<引用開始>

水産庁、漁業4社を聴取 ロシアへの資金提供

2010122992

ロシアの排他的経済水域(EEZ)内でスケトウダラ漁をする北海道と東北の漁業会社4社がロシア国境警備局側に計約5億円を提供したとされる問題で、水産庁は28日、同庁で4社の経営者らから任意で事情を聴いた。資金提供の意図や、日ロ両政府が決めた漁獲量を超える操業をしていなかったかについて説明を求めたとみられる。

 水産庁は聴取に合わせ、操業日誌など関係資料の提出を求めた。定められた漁獲量を超えて操業した漁業法違反の疑いがあるとみており、来年1月にも処分内容を決める方針だ。鹿野道彦農林水産相は28日の記者会見で「(資金提供が)事実であれば遺憾。厳格に対処したい」と述べた。

 ロシアEEZ内ではスケトウダラ漁のほかに、サンマやサケ・マス漁をする漁業会社もあり、鹿野農水相は「順次、事情を聴いていかなければいけない」と述べ、4社の調べを終え次第、調査に入る方針を示した。

<引用終わり>

最初見聞きした時は、なに、日ロ両政府が決めた漁獲量を超える操業?ロシアへの資金提供?けしからんなあと思ったもんだ。

で、チト疑問。「日ロ両政府が決めた漁獲量を超える操業」って何だ、日本の漁船が規定量以上の漁獲高を領海内で上げてるって事?、ならばその点の違反で挙げればいいだけの話では?じゃ「ロシアへの資金提供」って何だ?ロシア側に金を払って漁獲量を増やしたってことだよね。あれれ、一見分かるようで、よくわかんないな。

この記事やTV報道を見る限り、どうも何が問題なのか良く分からない。ロシア側に金を渡したのが賄賂みたいだからケシカランと先ず思ってしまった。だとすれば確かにケシカランけど、それってロシア側の問題では?

ロシア側に金を渡した事は、TVの報道では帳簿にもちゃんと記載してあったと言うから、言ってみれば、その方法に問題が有るかも知れないが、これってロシアからの輸入でしょ。でもってその輸入の決済代金の支払先が問題で、日本政府が取り締まるってのは、どっか違和感があるな。

ロシア側に不当な金を渡して不当に漁獲高を上げたというのなら、損害は日本ではなくロシア側にあるんだよね。違うのかな。どーも、専門外なので良く分からんが、報道を見聞きする限りにおいては、こう思えるので、なんで日本政府が目くじら立てるのかよく分からん。

「ロシア国境警備局側に計約5億円を提供した」とか「日ロ両政府が決めた漁獲量を超える操業」と言ったフレーズは、単独で見るとケシカランと思うので、一般論としてどっちか片方だけを問題とするならすんなりアタマに入ってくるのだけれど、「ロシアの排他的経済水域(EEZ)内でスケトウダラ漁をする」との前提で、一連のものとして考えると、日本政府の行動は意味不明に見えてしまう。

こちらの基礎知識不足なんだろうが、報道の内容は良く分からないと言うのも事実では?この事件一体何が問題なんだろうか・・・、取り急ぎ、ふと気になったので記事にしてみました。なんかどーでも良い気もするが・・・。

というわけで(何が、と言う訳なんだ?=自爆)、皆様良いお年を。本日これにて、

↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ

|

« 決戦の日 | トップページ | そうだ、選挙に出よう! »

コメント

環境(資源)保護の為にもうけた基準でしょう?

投稿: mikki- | 2011/01/19 22:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/50429826

この記事へのトラックバック一覧です: なんとなく不可解:

« 決戦の日 | トップページ | そうだ、選挙に出よう! »