« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011/05/30

ンナクロナルメバミの話

私は特段に好きではないが、愚息が時々ンナクロナルメバミを入手してくる。たぶん好きなんだろう。だが、何故こんな不可解な呼び名を付けたんだろうか。日本はスパイ天国と言うから、おそらく何かの暗号に違いない。

続きを読む "ンナクロナルメバミの話"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/29

隠れた偉人

昨日と今日の大学学園祭でシンポジュームやるから来いと、メールが有った。だがこの雨だし、自分が受け持っているセミナーのテキストの入稿期限も一昨日だった、いくらなんでも今日中に送らねば・・・、と言う訳で、行きたくない、サボっちゃおう。

続きを読む "隠れた偉人"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/28

小沢報道に見る日本と海外メディアのレベル差

先に(5/25)書いたように、白を黒と印象付けるような恣意的記事を書く読売とは、正に正反対な印象を持つのがウオール・ストリート・ジャーナル。ここが取材した小沢氏へのインタビューは、記者クラブでぬくぬくと御用化してしまった日本メディアとは次元が違う高質なモノだ。

続きを読む "小沢報道に見る日本と海外メディアのレベル差"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/05/27

海水注水サル芝居は内閣メルトダウンの予兆?

拙ブログ5/24「首相のオツムもメルトダウン?」にて原発への海水注入云々騒動を書いたばかりだが、何のこっちゃない昨日、東電が注水は中断してなかったと発表した。2重3重にアホらしいこの馬鹿騒ぎに、寒気を覚える。ホント、この国はだいじょーぶか?

続きを読む "海水注水サル芝居は内閣メルトダウンの予兆?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/25

事実を180度反対に印象付ける読売に呆れる

よく開いた口が塞がらないと言うが、この読売の記事にはたまげた。先ずは予断無くお読みいただきたい。

続きを読む "事実を180度反対に印象付ける読売に呆れる"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/05/24

首相のオツムもメルトダウン?

原発への海水注入停止が菅さんの指示かと問われたら、海水注入すら知らなかったのだから中止を指示する事は有り得ないと答弁した菅さん。これにはたまげた。知らないってことは中止の指示云々よりはるかにヤバイでしょうよ。

続きを読む "首相のオツムもメルトダウン?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/05/23

単語に反応する国民、それを煽るマスコミ

さっき、タケシのTVタックルを見ていたら、原子力技術ナントカの最高顧問なる人が、周りの出演者からキツイ言い方で責められてるように見えた。

続きを読む "単語に反応する国民、それを煽るマスコミ"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/05/22

四方山話と学びの楽しさ

今日のお話は単なる雑談です。ま、気楽に読み飛ばしてくださいな。で、昨日、ある新聞社の記者さんとT大近くの居酒屋で飲んだくれた。選挙以来、何人かの記者さんは、どういう訳か私に関心を持った様子で、特に件の記者さんは熱心だ。で、そこでの会話で、選挙制度の在り方に議論が白熱した。

続きを読む "四方山話と学びの楽しさ"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/05/19

震災復興は巨額な景気刺激策では?

昨日のTVで辛坊治郎氏が復興費用が約50兆円と言っていた。未曾有の損害によって経済にダメージが大きいかの様に言っていたが、何か変。資産が失われたと言っても土地はそのままだから、復興の原資が消費税だろうが国債だろうが、50兆円が市場に流れるのだから。

続きを読む "震災復興は巨額な景気刺激策では?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/16

物事斜めに見る人々

今日のタイトル「物事斜めに見る人々」なる言葉が世の中にあるのかどうかは知らないが、物事を正面から捉えないで、本来の判断基準では無い価値観で価値判断する人々を、こう表現してみた。

続きを読む "物事斜めに見る人々"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/05/11

アメリカの正義とビンラディン殺害

いつのころからか、TVも映画も洋画はほとんど全てアメリカものになってしまった。かなり以前ではあるが、かつてはヨーロッパのそれなどが少なからず有ったと思う。で、USAの洋画を見ていると、無意識のうちにアメリカの味方をしてしまい、アメリカが正義のように思ってしまうような気がする。

続きを読む "アメリカの正義とビンラディン殺害"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »