« やっと終わった選挙 | トップページ | 物事斜めに見る人々 »

2011/05/11

アメリカの正義とビンラディン殺害

いつのころからか、TVも映画も洋画はほとんど全てアメリカものになってしまった。かなり以前ではあるが、かつてはヨーロッパのそれなどが少なからず有ったと思う。で、USAの洋画を見ていると、無意識のうちにアメリカの味方をしてしまい、アメリカが正義のように思ってしまうような気がする。

例えば、コンバット(古い?スマン!)なんかで、アメリカーナ!っとドイツ兵が叫ぶと、あっ危ない!と思うが、次の瞬間サンダース軍曹のサブマシンガンで、ドイツ兵がなぎ倒されると、ホッとしたりする。

でもこれって、スゲー変だ。場合によっては、アメリカ軍と日本軍の戦闘シーンでも、これがアメリカ映画だと、日本兵がやられても何とも思わなかったりする。これまたスゲー変だ。たとえドラマといえども、同胞が殺戮されて何とも思わないのだから。

我々は、無意識のうちに、アメリカの正義を植え付けられてしまったのではないだろうか。アメリカ様のやる事は何でも正しい。文化でも理屈でもとにかくアメリカ様は正しい!そう思っていればとても楽だし安心だ。そういう潜在意識が働いてはいまいか。

かく言う小生も、アメリカ文化大好き人間だ。ラップ大好き、ブレイクダンス大好き。アメリカンファッション大好き。直線番長のコブラにいつかは乗りたいと憧れる。まるでアメリカコンプレックスかとさえ思う。でも、だからと言ってアメリカ様が何でも正しいなんて全く思わないし、正しくないとも思わない。

先の大戦でアメリカは戦勝国であり、日本国の占領支配者であった。そして日本国憲法を作った。その事自体は自浄能力に欠けた日本を救ってくれたハズだと思う。評価に値すると思う。日本の民主主義はアメリカ様によってもたらされたものであり、その結果、今日の日本の反映がもたらされたと思っている。

日本国民は、先ずはアメリカ様に感謝すべきだろう。だからもしアメリカ様が感謝しろと言うならば、感謝すれば良いだろう。別に無問題だ。だが、アメリカに従ってシッポ振れ、アメリカの正義を認めろと言われたならば、それはちがうんでねーのと言いたい。

もしそう言う要求をアメリカが求め、日本もそれに従うならば、日本をアメリカの51番目の州にすべきだろう。独立国でありながら属国の如く尻尾を振るのは有り得ないと思うが、歴代の内閣はずっとこれをやって来たし、55年体制が崩れた今もそれは変わって無いと思う(前原クンなんか特にそう)。

分からないのは、国民もそれを容認しているフシが有る点だ。例えば多くの国民は憲法9条を金科玉条のごとく守ろうとしているように見えるが、何故か法解釈でもって自衛隊を事実上容認し、それどころかイラク派遣(≒派兵)まで黙認している。

勿論、反対デモやらなんやらは有ったが、現実は知っての通りだ。念の為言っておくが、自衛隊の海外派遣の是非は論点ではない。明らかに憲法違反に見えるのに、それを法解釈でもって正当化してしまういい加減さを論じているのだ。

自衛隊のイラク派遣自体は国の政策として間違っているとは思わないが、憲法には合致していないと思う。正しいからいいじゃないかではなく、正しい事が違憲ならば、憲法を変えるべきであって、法解釈で誤魔化すべき

ではないと思うのだ。これではご都合主義で、法治国家ではあるまい。

さて、これは前フリだ。本日の論点はこれではない、いづれ憲法論議はやるけれど、今日の論点は、アメリカの正義とビンラディン殺害の是非だ。

皆様は、先に述べたサンダース軍曹が憎っくきドイツ兵をやっつけたように、ビンラディンを殺害したのはアメリカの正義だと思うのだろうか。

我々が知り得る情報の中では、ビンラディンはテロリストであり、911の首謀者だ。死刑は免れないと思う。だから殺しても良い?な訳は無いだろう。もしそんな理屈が成り立つならば、その事自体に、つまりアメリカの振りかざす正義自体に大いなる矛盾を含んでいる。

これ、言ってみれば、アメリカのリンチではないか。もしオウムがアメリカで事件を起こしていたなら、浅原彰晃は米兵によってとっくに殺されているのだ。

説明する。

①もし、(911テロで多くの市民を殺害した)ビンラディンは「悪」だから、法を無視して(他国の主権侵害、無裁判のこと)その犯人を殺害するのは正しい。

↓(とするならば)

②正しい事ならば、主権や法を無視してもやってよい、となる。

③となると、ビンラディンも彼らの考えでは正しい事をやってる訳だから、もうこの時点で論理が破たんしてる。

ビンラディンは、私財を投げ打って自国民族のために戦った。是非はともかく、その方法の一つが911テロだ。弱小民族が超大国アメリカに一矢報いる手段としては効果的だったのは事実。だからこそアメリカは、法治国家でありながら法を無視してなりふり構わない行動に出た。

自分達のなりふり構わない行動は、愛国無罪。だけどビンラディンの行為は愛国無罪ではない?

これがアメリカの正義?

たまらんな、もう。

どっちもどっちと言う気がするが、ビンラディンの行動の是非はともかく、私財を投げ打って自国民族のために超大国に戦いを挑み、そして超大国の組織に抹殺された。向こう側からしてみれば英雄そのものだろう。

かのアメリカにも強烈な愛国者やキリスト教原理主義者いて幅を利かしているようだが、常に安全なアメリカの中で吠えてるだけだ。とてもビンラディンほど気合の入った愛国者がいるようには見えない。

話が少し飛ぶが、身の安全が保障されたところで吠えている点では、これ日本の右翼にも共通するから、右翼とは世界中共通した傾向として、強いものには従順で、弱い者にはやたら居丈高になるのかもしれない。

だから、ビンラディンのやり方は明らかに間違ってはいるが、がとても立派な人物に見えてしまう。そして、悲劇の英雄に見えてしまう。全くイスラム教とは無縁の島国にいて、そう思うのだから、イスラム圏では超絶カリスマ的ヒーローだろう。

イスラム圏では、我々が想像できないほど、人々の尊敬を集め、アメリカへの憎悪を燃やしているに違いない、と思う。何しろ彼らのヒーローが殺戮されるのを、アメリカ大統領や高官達は観劇を楽しむかの様にリアルタイムで見ていて、その映像が全世界に知らしめられたのだ。

日本人は宗教に関して非常に無頓着だが、宗教とは人の思想信条の根幹をなすもの。だからこう言っては何だが、日本人は思想信条があいまいでテキトーなんじゃなかろかと思ってしまう。悪く言えば根っこと言うか信念が無い。

信念が無い人々には、信念のある人間の行動原理は到底理解できまい。ビンラディンの信奉者の怒りは、おそらく我々には計り知ることも理解する事も不可能だろうが、間違いなく言えることは、命がけでアメリカを憎み、敵対するだろうと言う事。

牙を抜かれて、アメリカ様にへいこらする日本人とは違い、彼らにとってはジハードだから、かつての神風特攻どころではない、自発的な自爆テロに走るのではないか。一見、ビンラディンがパンドラの箱を開けたように思いがちだが、ビンラディンは開けるぞと脅しただけ。

法によるガバナンスを否定し無差別テロというパンドラの箱を開けたのはアメリカだ。これからは無差別テロの危険性がめちゃくちゃ高くなり、世界中が物騒になるのではないかと思う。

ビンラディン憎しは理解できるが、だからと言って主権侵害して殺害は無かろうし、よりによって、それを大統領達が眺めてる様子を公開するなんて、オバマはオバカとしか言いようがない。そんなバカげた映像、せめて隠せよ!ビンラディン殺害で上がった支持率には影響あるまいよ。

本日これにて、

↓ ↓ ↓ 

人気blogランキングへ

|

« やっと終わった選挙 | トップページ | 物事斜めに見る人々 »

コメント

アメリカという国は、人の命をなんとも思わない国だと白状したようなものですね。竜巻で亡くなられた方がいる最中に殺戮を喜ぶとは。

911自作自演説は事件直後から流れています。飛行機が突っ込んだビルの他の階で爆発音がしていた話は、けっこうあちこちで読みました。
建築の専門家たちは、飛行機が突っ込んだ程度の衝撃であれほどのビルが跡形もなく倒壊するのはおかしいと指摘していました。
不自然だそうです。

やましいことをしている人は、それが人の目に曝されることを極度に怖がります。
たかが職場での出来事をありのままブログに書いただけで犯人探しというのは、いま日本でもはびこる風潮ですが、書かれて困ることを何故するのかと問い返したいです。

ビンラディン氏が何かを握っていたのは確かです。
私はあれを、口封じだと感じています。
でなきゃあんな劇場型犯罪式に殺すわけがない。

もう一つ。そういうふうにアメリカをそそのかした力があることを忘れてはならないと思います。
あの時期にあんなことをするのは愚の骨頂です。アメリカを支持すると表明した国々は、ロイヤルウェディングの英国、震災直後の日本、といったふうに、そんなことしている場合じゃねぇだろバカ!という事情がある国です。

何も指導者の無能ぶりを一斉に見せつけなくても良いと思われませんか?
これもまた不自然です。

投稿: 高橋元子 | 2011/05/24 02:27

○髙 田學様、コメントありがとうございます。
ご訪問ありがとうございます。でも・・・、
>一日おきぐらいに、書いてください。
は、ちとムリ。
とは言え、もう少し記事を短くして更新頻度を上げるようにしますね。
*********************************************************************
○Take様、コメントありがとうございます。
たしかに推理としては、辻褄が合うので、成り立ちますね。
特に証拠が残らない水葬に関しては、その通りだと思います。
ただ損得を考えると、どうでしょうか。
*********************************************************************
○しま様、コメントありがとうございます。
>アメリカ人も、この程度なのだということなんでしょうかね?!

分からないのが、ここですね。このところ(今に始まった事ではないけれど)忙しくて、その辺の事情が分からないのですが、アメリカの世論が、はたして、これを許すのかが不思議です。
*********************************************************************

投稿: ベンダソン | 2011/05/14 10:00

こんばんは、ペンダソンさん

>ビンラディン憎しは理解できるが、だからと言って主権侵害して殺害は無かろうし、よりによって、それを大統領達が眺めてる様子を公開するなんて、オバマはオバカ

おっしゃる通りですねー。
それから、まだ容疑者(とその家族まで)の段階で、裁判抜きでいきなり殺しちゃっていいのだろうか?って問題(テロリストだから裁判を受ける権利があるのかという問題ももちろんあるが、だとしても、その家族は違うだろ?!)を、疑問視する声が、どこからも聞こえてこないんですよね。

「法の精神」というものがさっぱり理解できない日本人(宗教音痴で規範がないのだから当たり前か!)はもちろんのこと、アメリカ人も、この程度なのだということなんでしょうかね?!

たいへん失礼いたしました。

投稿: しま | 2011/05/12 02:55

今回の件は、アメリカの大好きな自作自演ではないでしょうか。そう考えると全ての辻褄があうように思えます。CIAとビンさんは実は仲良しで、911も壮大な自作自演。その劇が今回終わっただけのことだと思います。
そもそも、水葬という時点でおわっています。

投稿: Take | 2011/05/11 22:53

久しぶりに書かれていて、大きな視点で世の中見ていて、やはり貴方様のブログはいいですね。一日おきぐらいに、書いてください。

投稿: 髙 田  學 | 2011/05/11 20:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/51643188

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカの正義とビンラディン殺害:

« やっと終わった選挙 | トップページ | 物事斜めに見る人々 »