« 学歴にこだわる人々の不思議 | トップページ | ところ変われば・・・ »

2011/10/10

分解マニア

今日は休日なので、どーでも良い話を・・・。

去年の暮、12月の終わりころ仙台の七ヶ浜と言うところの写真をバシャバシャ撮った。その時はまさか、2カ月後に壊滅的被害を受けるとも知らずに・・・。

でだ、話しはムッチャンコ変わるが、食いしん坊の私は仙台と言えば牛タンである。以前偶然に入った國分町のお店がやたらと美味かったので、探したのだけれど、どうやっても見つからない。

そこで、仙台の友人に電話をしたら何と東京にいると言う。ま、べつに牛タンが食えればいいので、どっか良い店ない?と聞くと、仙台っ子の間では、利休なるチェーン店が評判だとか。美味い具合に七ヶ浜にもあるという。

で、行きました。で、食った。とても美味かった。それと、牛タンを焼いている職人さんが、何やら命がけの形相で一生懸命焼いてる姿も印象的だった。彼、ほとんどやけどしてたんじゃないか?

で、ふ~、食った食ったと、満足して家に帰って、しばらくして、カメラをどこかに忘れたらしい事に気が付いた。けど、どこに忘れたのか皆目見当がつかない。そうこうしてるうちに、カメラの事をすっかり忘れてたら、ある日庭先に放置していたレジャークーラーの中から、水没したカメラが出てきた。

もうサビサビのまるでドブから拾ってきた状態だ。生来分解マニアの私は、チャ~ンス!と、早速分解してみた。が、その前に、メモリーを抜いてPCで読んでみると、なな、なんとデータが全部生きていた。10カ月も水没してサビサビだったので、これにはたまげた。

1_2

で、早速分解。ケースを剥がして中身をむき出しにすると、案の状中もサビサビだ。この段階で思ったのは、6千円で投げ売りしてたこの富士フィルムのカメラ、実に造りが良い。てっきりケースはプラスチックのメッキだと思っていたら、見えないところをしっかり造形した精度の高いアルミダイキャストだったのだ。

話はチョイ変わるが、工業製品は分解してみると、実に設計者や会社の人柄や体質が表れていて面白い。例えばベントレーと言う車のダッシュボードとかドアトリムを分解した時、全く不条理な設計にぶったまげた。

誰がどう見たって、応力が掛かるはずの部材が木だけだったり、なんでこんなに素人くさい設計のパワーウインドーのリンク機構なんだろうかとか、やたら高級な木目パネルも、バラしてみるとベニヤの突板だったり、一見立体的なコンソールが実はベニヤを接着剤とネジで組み立ててあったりと、何やら見てはいけない舞台裏をのぞいたような感じだった。

当時のベントレーはロールスロイスの姉妹車で、まさかオーナーがバラすなんて想定外なんだろうが、バブル期の車が2足3文で売られてたので、金に困ったら売れば良いと思い、モノは試しに買ったものだ。ところが金に困って売ろうとしたら値がつかないで、結局、軽自動車並みだった(涙)。

話をカメラに戻すと、な訳で、この僅か6千円の富士フィルム・カメラ、分解すればするほど、その造りの精度と品質にたまげた。ベントレーとは違って、こちらは実に理にかなっている。レンズの蓋が安いプラスチックなのは軽量化と耐水性確保の為と分かるし、絶縁すべきところには2重3重に絶縁フィルムがはさんである。

2

但し、組み立て直す時、元に戻すのを忘れたが、まったく問題無く動いた。そうなんです、サビサビの中身なのに、予備の電池を入れて試しに電源をいれると、ちゃんと電源が入って、レンズがグイッと飛び出したではありませんか。

まあ、これを読んでる人には、だから何だでしょうが、当事者の私は、もう感動しっぱなし。

但し、レンズに錆がこびりついてるのと、CCDにもゴミが付いてるので、モニター画面はぼやけてる。というわけで、次にレンズを分解してCCDを磨こうとバラシテはみたけれど、こびりついた錆は落とせず。

3

結局カメラとしては、生きているけれど、ゴミが取れないので残念ながら使えそうもない。実は、このカメラを無くした後、ほぼ同じ形のヤ●カのデジカメを買った、こちらはドンキで1万2千円だから倍のお値段だ。ところが、シャッタースピードが遅く、被写体が動いてるとまずマトモには映らない。

おまけに、直ぐにシャッターが切れない、ピントがほとんど合わないと言う代物で、あろうことか動画を撮っているとズームが効かない、そんなのアリかあ?と思う。なわけで、別れた彼女を後で想うように、つくづく無くした(ハズの)カメラの優秀さを思い知った。

4_2

僅か6千円で買った富士フィルムカメラは、高速道路を走りながら風景を撮ってもばっちり撮れるので、さすが携帯電話とは違うわいと重宝したもんだ。だが、生来ケチな私は、駄作とは言え今あるヤ●カのデジカメを捨てて、新しいデジカメを買う勇気が無い。

いっそ水没してくれないかと、密かに期待してるのだけれど、こういうのに限って無くならないんだな、これが。

本日これにて、

↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ

|

« 学歴にこだわる人々の不思議 | トップページ | ところ変われば・・・ »

コメント

菅原様、しようも無い記事にも関らず、コメントありがとうございます。

記事に書いた、ダメカメラは、今よく見たら、降りんパスでした。Fujiよりシェアが高いところを見ると、私とは単に相性が悪かったのかもしれません。

投稿: ベンダソン | 2011/10/12 19:36

デジタルカメラ世界シェア
  Vendor 2010 2009
  -----------------------------------------------
  Canon 19 19
  Sony 17.9 16.9
  Nikon 12.6 11.1
  Samsung 11.1 10.9
  Kodak 7.4 8.8
  Panasonic 7.6 7.6
  Olympus 6.1 6.2
  Fuji 4.9 5.4
  Casio 4 4.7
  PENTAX 1.5 1.7
  Vivitar 1.2 0.7
  Other 6.7 7
  -----------------------------------------------

と日本勢だけで72%程のシェアであり独占状態なんです。ものづくりは国民性が如実に現れるんですね。
最近知ったんですけどフラッシュメモリーを発明したのって舛岡富士雄という電子工学者だったのを知り感嘆しました。

投稿: 管原 | 2011/10/12 15:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/52954977

この記事へのトラックバック一覧です: 分解マニア:

« 学歴にこだわる人々の不思議 | トップページ | ところ変われば・・・ »