« 政党交付金狙いの何が悪い? | トップページ | 改革への反動? »

2012/01/03

発電と駆動

確認した訳じゃないから真偽に自信が無いけれど、子供のころ読んだ記憶では、第二次大戦の米艦船はボイラーで発電し電気モーターで推進してたが、日本の艦船は直接スクリューを駆動していたという。このため米艦船はレスポンスが優れていたと。

このことがずっと頭にこびりついていて、自動車のエンジンも最も効率よい回転域で発電し、それで蓄電と同時に電気モーターを駆動すれば、急加速するときはバッテリーから放電しすごいパワーが取り出せるんじゃないかと思っていて、何故実用化しないのか不思議だった。

例えば軽のエンジンでも最も効率的な回転数で発電し、いざという時には内部抵抗の少ないバッテリーから、どっかーんと大電流を放出すれば、見た目の排気量は軽でも、モーターの出力が大きければトンデモナイ加速するんじゃなかろかと。

そしてそのモーターの出力はコントローラーだかなんだかを変えるだけで出力が倍増するから、ものすごくコストパフォーマンスが高いのでは?なんて夢を膨らましてたら、それと同じ発想かどうかはよくわからないが、アウディがロータリーエンジンを発電のみに使う車を開発してるらしい。ワクワク!

http://www.j-cast.com/s/2012/01/02117546.html?p=1

ロータリーエンジンと言うのもワクワクする。小生、悪ガキのころカペラロータリークーペで、ぶっ飛んでいたが、あの加速感と電気モーターのようなエンジン回転のスムーズさは今持って忘れられない(その代り低速トルクの無さはレーシングカー並み)。

ロータリーは燃費の悪さが致命的だったが、なんでもバラして確認する癖は昔も変わらず、ある日エンジンをバラして、日がなエキセントリックシャフトを回しながらローターの回転を眺めていてハタと気が付いた、マツダは排気量の表現を間違ってる!と。

ロータリーエンジンは、いわばワンローターが3気筒に相当するワンストロークエンジンなのだ。それなのに、比出力を大きく見せるため1気室の排気量で表現してしまったため、排気量の割に燃費が悪いとなってしまった。

以来、ホントは燃費が特別良いとは言わないまでも、出力の割には決して絶望的なほど燃費が悪いわけではなく、あのスムーズさを考えれば燃費の悪さを補って余りあると思ってたので、このアウディの目の付け所には拍手喝采だ。何故、本家本元のマツダがそれをやらないのかが不思議でならない。

今や、バンケル社は無く(たぶん)、世界で唯一のロータリーエンジン・メーカーなんだから。

本日これにて、

↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ

|

« 政党交付金狙いの何が悪い? | トップページ | 改革への反動? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/53647039

この記事へのトラックバック一覧です: 発電と駆動:

« 政党交付金狙いの何が悪い? | トップページ | 改革への反動? »