« 国内の土地取引が何故国際問題?=議論の前提が理解できない首長達 | トップページ | 日本人は忘れっぽい民族? »

2012/04/18

石原知事尖閣買収宣言の意義

石原都知事が、東京都として尖閣諸島買収をやろうとしているのは、たまたま彼が東京都の知事だからだ。当然に議会が反対すればできない。要は石原氏は地方から中央政府の弱腰外交にモノを申し、現行制度のガバナンスの中で、自分の主張と行動を示しただけだろう。

この彼の言動にはいくつもの論点や意義があると思う。一つは、上記のように国家観の一端だ。国防を含め国家の領有権に対する政治家としての使命感であり、石原氏も橋下氏も河村氏もこの点が共通していると思う。

2つ目は、では石原氏は何をやりたいのか。当然に過去の言動から見て、尖閣諸島の日本領有をアピールするだろう。灯台を補強したり、石碑を立てたり、観光ツアーを誘致したり・・・、こうした事がイケナイとする根拠はどう考えても見当たらないが、それは東京都知事の仕事ではない。しかし尖閣諸島が都の所有地なら別だ。こうした主権の対外的主張は、国民として当たり前のことだが、肝心の国はそれをやってきていない。ゆえに石原都知事が本来国の管理範囲の外交分野ヘ切り込めるという事実を示す国内政治のアジェンダではないかということに意義がある。

3つ目は、国民の意思。今までのような弱腰外交が国民の望むところだろうか。それを確かめるところに意義がある。どうやって?それは既に石原サイドが言っているように、国民から寄付を募ることだ。彼の考えが支持されなければ寄付は集まらないだろう。しかし私は東京都の予算など使う必要が無いくらい多額の寄付が集まると確信している。もし集まらなければ、国民の意思はその程度なので、あきらめるしかない。

4つ目は、寄付を募った段階で、石原個人の活動ではなく、多くの国民が彼に託した国民運動になると言うこと。

5つ目は、この国民運動は法に基づく自発的なものであり、国家が一切関与していないという点が重要だ。だから中国がどんなに文句言おうが、それは内政干渉となる。例えば、アメリカのどこかの州知事や中国のどこかの市長がどこかの国の排斥運動をしたりしたとして、排斥された政府は不快感を露わにするが、それが外交問題には発展しないだろう。

6つ目、このへんからさらに重要になってくる。もし政府が関与していない国民運動に中国が文句を言うならば、それはかの国に影響があるからということだ。日本国内の土地取引に中国が文句を言うならば、日本国内法による土地取引に実効性があることになり、この段階で中国の論理は破綻してしまう。だから、中国政府は、苦々しくは思うだろうが、そんなに反応しないと思う。

7つ目は、おまけ。この石原氏の計画は東京都として行うならば議会の承認が必要となるが、もし、基金を創設して寄付を募り、都の予算が不要な位に寄付金が集まれば、基金が土地を買収し、それを都に寄付すれば、議会の承認も不要だ。それでも議会が反対するならば、そもそも東京都として行動する必要もあるまい。石原氏が基金の理事長となり、自分の管理する土地でやりたい放題やれば良い。自分の土地に反中国の旗を立てようが、建物を建てようが、観光客を呼び込もうが法に反しない限り、自由だ。

今日の記事は、ある読者の方からの「橋下氏も、石原氏も、意味不明」とのご指摘と「ベンダソンは何が言いたかったのか?」に対する、拙ブログからの回答だ。実は、石原知事の言動には、さらにもっと深い、どう転んでも勝ちと思えるしたたかさを感じるが、それをここで公表してしまうと、足をひっぱることになるので 控える。

ところで、そもそもなんだが、すべてを端折って極論すれば、寄付を募って用地買収を実現する限りは、意味不明で何ら問題無いと思う。石原氏に賛同する人々が、それを支援し、トラスト用地内で自己主張するに過ぎず、誰にも迷惑をかけないし税金を使うわけでもないからだ。理解できない人に理解を求めているわけでもない。ゆえに他人がとやかく言う筋合いのものではないし、まして外国からとやかく言われる筋合いでもないだろう。

蛇足だが、迷惑の定義は、他人が迷惑と感じることではない。万民が平等との前提で、他人にされたら嫌な思いなり不利益を与える行為のことだ。時々、お前を殴らせろ、そうしないと俺が不愉快で迷惑だとか、あんたが成功すると私は気分が悪いから迷惑だ、などという人がいるが、自分を特別視していることが全く理解できない頭のワルイ人だろう。

本日これにて

↓↓↓

人気blogランキングへ

|

« 国内の土地取引が何故国際問題?=議論の前提が理解できない首長達 | トップページ | 日本人は忘れっぽい民族? »

コメント

○もふ様、コメントありがとうございます。

私は国境付近は、どこの国も国が管理していると思ってましたが違うのでしょうか。なので尖閣は本来国が管理すべきだと思ってましたし、実際、今も国が管理しているから賃料を払っているのでは?硫黄島も沖の鳥島も同じではないでしょうか。

単に底地の所有権の問題で、実態として国が管理しているので、本来買うのが当然ではないかと思いますが、そうしなければイケナイ理由も無く、どうでも良い問題です。要は石原氏が買うと言った事に意味があると思います。

投稿: ベンダソン | 2012/04/24 13:10

これ、難しいね。

たしかに、行政が資金用意して買い取り、さらに島内開発を進めれば、実効支配力は高まる。

しかし同時に、日本国家として領土宣言下にあるはずの僻地や離島を、わざわざ行政が資金を固めて買い取らなければならないという実態を、国際的にさらけ出す事にもなる。

あ、でも個人的には賛成、大賛成。

投稿: もふ | 2012/04/24 11:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/54502348

この記事へのトラックバック一覧です: 石原知事尖閣買収宣言の意義:

« 国内の土地取引が何故国際問題?=議論の前提が理解できない首長達 | トップページ | 日本人は忘れっぽい民族? »