« 単語に反応する愚=ミサイルが飛んで「来た」と「来なくなった」の区別が出来ない人々 | トップページ | 石原知事尖閣買収宣言の意義 »

2012/04/17

国内の土地取引が何故国際問題?=議論の前提が理解できない首長達

石原慎太郎知事が尖閣諸島の一部を都が購入することを表明した事が物議をかもしているが、公共団体が土地を購入することが何故物議をかもすのか理解不能だ。批判する向きは、尖閣が日本の領土と思っていないか、あるいは確信が持てないということ?外国に売り渡すと言うならともかく、議論の前提が狂ってないか?

先ずはこちらをどうぞ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120417-00000105-mai-pol

<引用開始>

<尖閣諸島>石原発言、分かれる首長の評価

毎日新聞 417()2139分配信

 東京都の石原慎太郎知事が17日、滞在先の米ワシントンで、沖縄県・尖閣諸島の一部を都が購入することを表明した。既に民間の土地所有者とも基本合意したことも明らかにしたが、国や都職員にとっても「寝耳に水」だった突然の決断。果断な行動と評価する声、中国などとの関係悪化への懸念を示す声など、全国の「首長」の間でも評価は分かれた。

 ◇橋下市長、手放しで評価

 石原知事との連携が話題になった大阪市の橋下徹市長。「(以前から)聞いていた。普通の政治家では思いつかない。国と国の外交とかいろいろな問題があるだろうが、石原知事しかできない行動だ」と手放しで評価した。

 名古屋市の河村たかし市長も「いいんじゃないですか。やっぱり、きちっと自分の領土は主張せないかん」と石原知事の決定にエールを送り、「尖閣諸島も竹島も日本固有の領土であることは政府も明確に言っている」と語った。

 ◇神奈川知事「応援できない」

 一方、神奈川県の黒岩祐治知事は定例会見で「私には想定できない」と驚きを示しつつ、「領土問題で国家意思を示すことは大事だが、短兵急に突っ込むと大きな紛争に発展しかねない」と指摘。「この時点で応援する気持ちにはならない」と否定的な見解を示した。

 埼玉県の上田清司知事も「何もジタバタする必要はない。むりやり固定化するようなことをすることの方が、必要以上に紛争状態にあるというふうに思われる」と憂慮。「堂々と実効支配を続け、日本の主張を諸外国にアピールすれば済む」との考えを示した。

 ◇長崎知事「法整備が必要だ」

 数多くの国境離島を抱える長崎県の中村法道知事は、「離島について所有権をしっかりさせることには国内的には意義があるだろうが、(尖閣諸島購入構想は)国際的に問題になっている」と指摘。「外交上の大きな課題として取り組んでいく必要がある」として「(国境離島が)無人島化しないよう新たな法整備が必要だ」と国に対策を求めた。【まとめ・夫彰子】

<引用終わり>

先ず黒岩知事の発言から、

短兵急に突っ込むと大きな紛争に発展しかねない」と指摘。「この時点で応援する気持ちにはならない」と否定的な見解を示した。

⇒な、なんだ?何言ってんだ?尖閣は日本の領土でしょ。国内において違うという議論があるの? これ、極論すればわかり易いだろう。例えば中国が日本はかつて日出国と言っていたように、中国の一部だったと主張し始めたら、国内すべての場所に置いて土地売買ができなくなる?そもそも議論の前提が日本国内の首長の発言としては狂っている。

>長崎知事「法整備が必要だ」

(尖閣諸島購入構想は)国際的に問題になっている」と指摘。「外交上の大きな課題として取り組んでいく必要がある」

⇒この発言正直言って、意味不明だと思う。「(尖閣諸島購入構想は)国際的に問題になっている」って何のことだ? 「外交上の大きな課題として取り組んでいく必要がある」って、その通りだけど、それと東京都がこの国内の土地取引することと何の関係がある?東京都が尖閣を買おうと買うまいと一体対外的にどんな問題があるというのか、もちっと具体的に言ってくれんかね。

アホくさくて、やってられん。議論の前提が全く理解できてないではないか、同じ首長でも橋下とは月とスッポンだ。

本日これにて

↓↓↓

人気blogランキングへ

|

« 単語に反応する愚=ミサイルが飛んで「来た」と「来なくなった」の区別が出来ない人々 | トップページ | 石原知事尖閣買収宣言の意義 »

コメント

○高橋元子様、コメントありがとうございます。
石原氏が、東京都としてやろうとしていることは、たまたま彼が東京都の知事だからですが、この件は単に石原氏個人のパフォーマンスにとどまらず、多くの示唆を含んでおりますので、詳しくは、これからアップする記事をご覧ください。

投稿: ベンダソン | 2012/04/18 15:48

橋下くんも、石原さんも、意味不明ですよ。
他国の「人」が尖閣諸島の「土地」を買い上げるのを防ぐのはわからなくもないですが、それを「東京都」としてやることでしょうか。

ベンダソンさんもおっしゃるように、尖閣諸島は既に日本の領土です。
ならば、土地のオーナーが外国人であろうがなかろうが日本の土地ではないのですか?それとも世界の取り決めで、全体の何割かを購入したら、国境も変わるのでしょうか。

沖縄県や国の管理体制では、尖閣諸島を不法侵入した外国人の居住空間にされそうで心もとないから、東京都が番をするということ?
それとも沖縄県から東京都への移管の意味ですか?

ここにご紹介下さった記事には、政府の見解がありませんでしたね。
私には、石原さんの話が全く理解できません。そして、各首長のコメントは、ますますわかりません。

というか、ベンダソンさんは何が言いたかったのですか?
わけのわからない話に、わかったような口をきいているのは、橋下さんも同じだと、私は感じたのですが。
ここで彼を誉める必要は、無いでしょう。

投稿: 高橋元子 | 2012/04/18 12:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/54496848

この記事へのトラックバック一覧です: 国内の土地取引が何故国際問題?=議論の前提が理解できない首長達:

« 単語に反応する愚=ミサイルが飛んで「来た」と「来なくなった」の区別が出来ない人々 | トップページ | 石原知事尖閣買収宣言の意義 »