« 阿Qに注目 | トップページ | 東電の現場撤退云々に現れるこの国の病根 »

2012/06/05

国会幼稚園

TVのニュースを見ていたら内閣改造で、防衛大臣を民間か​ら起用したことに対して、元防衛大臣の石破氏が、「防衛大臣は政​治家がなるべきで、民間人では政治的責任が取れない」と批判して​いた。

 

件の防衛大臣任命には私も、いかがなものかと思うのだが、それ​は、以前森本氏の講演を聞いて、あまりにも話が面白くなく、なに​を言ってるか分かり難かったからだ。つまり、一例ではあるけれ​ど、当人の能力に疑問を抱き、その能力では大臣としてふさわしくないと​思ったからだ。

 

ところが、石破氏のロジックは、森本氏個人の能力や資質の批判で​はなく、民間人であることを批判する、つまり個人の資質に無関係​の普遍的な指摘となっている。であれば、それは制度の問題であ​るので、事前に制度として防衛大臣は政治家でなければならないと​決めておかなければ成り立たないロジックだ。

 

しかしそういう制度はないので、民間人ではダメだという理​屈は、あくまで石破氏個人の思い込みにすぎない。だから、石​破氏の理屈が通るならば、同じように、民間人でなければ防衛大臣​は務まらないという理屈も通らなければおかしいことになる。​ということは、石破氏の主張は何の根拠も説得力もなくなるのだ。

 

それどころか逆に、そうした客観的根拠のないことで、政治の体制​を批判するのは、それこそ政治家としていかがなものかと思う。

 

さらに言えば、「防衛大臣は政治家がなるべき」「民間人では政治​的責任が取れない」という主張の意味が政治家の主張であることを​考えると私には理解不能だ。センテンスとしては主語述語がそ​ろっているが、表現している内容がアーギュメント(「~だから…である」という論理形式)になっておら​ず、単なるステイトメント(主張)の羅列なので理解できない。​わかる方がいれば、教えてほしいものだ。

 

なぜ「防衛大臣は政治家がなるべき」なんだろうか?なぜ「民間​人では政治的責任が取れない」のだろうか?そもそも「政治的責​任」とは何だろうか、三省堂の大辞林を引いても見つからない。

 

ひょっとして政治家とは、意味不明な言葉や、客観的に証明されて​いない個人の思い込みで、他人を批判してよいものなんだろうか。こ​うしたロジックで、政治家が政治家を批判するとすれば、論理矛盾​ではないか。ゆえに、元防衛大臣が堂々と現防衛大臣人事批判をするとい​うところに??????????と思ってしまった。これ、使​ってる単語はオトナっぽいけれど、論理構成は「ボク、いやだから​イヤなの」式の幼稚園並ではないかと思った次第。

 

と、まあ屁理屈を言ってきたけれど、愚息に話したらこの話、次の一言で一蹴された。「責任?何言ってんだ、コロコロ大臣を変えたり罷免を要求しておいて、もともと誰も責任なんて取ってないないし取りようが無いだろ。」

 

さらにいうと、この問題は、もう一歩踏み込んで考える​と、情けない話が浮き彫りになっている。それは野党が反発する本音は森本氏が誰よりも「専門家」で​あるということだからではないか。森本氏は、どの国会議員よりもおそらく防衛の専門家であり、元衛大臣の石破氏も、田中前防衛大臣にクイズを出しては溜飲を下げていた元自衛官議員も、専門知識では森本氏に太刀打ちできまい。

 

だから正面切って森本氏を批判​できない。うっかり批判しようものなら逆にやり込められ​てしまうからではないかと思う。元自衛官議員も、田中元防衛大臣に出したクイズまがいの質問をしようものなら、相手が森本氏ならば鼻で笑われるか逆襲されてし​まうだろう。

 

この問題の病根はそこにある。​口では「防衛」と言いながら、自分たちのパフォーマンス​しか考えてないから、自分達より専門家が大臣になると攻​撃しにくいということがミエミエ。全く国防のことなど考えてい​ないことを露呈しているのに、それに気が付かないメンタ​リティには呆れる。

 

先の、「国会の廊下を先に歩くぞ」事件といい、なんとも国会の幼稚園化は嘆かわしい限りだ。

本日これにて

↓↓↓

人気blogランキングへ

|

« 阿Qに注目 | トップページ | 東電の現場撤退云々に現れるこの国の病根 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/54885125

この記事へのトラックバック一覧です: 国会幼稚園:

« 阿Qに注目 | トップページ | 東電の現場撤退云々に現れるこの国の病根 »