« 領土問題はすべてが特殊解 | トップページ | 情報過多は不足と同じ »

2012/08/28

絶対は絶対無い

自分の持って生まれた資質なのか、これまでの人生における努力の結果なのかは、今となっては定かではないが、私は自分が絶対に正しいとは思わない。自分に自信が無いのかと言われれば、その通りだが、そういう事ではない。

 

 

1足す1は2であるなんてことは勿論信じて疑わないが、それとて、イヤ違うと言う人が現れれば一応耳を貸し、考えるつもりだ。ただし、そうした常識に異を唱えるのは概してイカレポンチばかりなので、耳を貸すと言っても。それなりの人物の場合だけ、じゃないと身が持たないんでね。

 

ま、そうした枝葉はさておいて、一見そこそこの常識人が、自分は絶対正しいと思い込んでいる場合が意外と多いのには戸惑う。特に、自分と同じ考えでしょうと同意を求められ、その考えが、どちらかと言うと私と同じ場合に、非常に困惑する結果となる事が多い。

 

何故なら、同意を求められたある考えに、私が同意したとしても、私自身はそれが絶対に正しいとは思ってないから、反対側の意見も聞きたいし、自分自身で反対側の主張をシミュレートしてみるが、こうしたことが、私に同意を求めて来た人には概して理解不能らしいからだ。

 

何より、困るのは、ある共通の目的の下に行動していので、その目的達成のためには、皆とは違う意見を言わざるを得ない場合があるが、するとオマエはどっちの味方なのかとヘソを曲げられてしまうことだ。

 

例えば、私が住む街にはかなり問題が山積していて、心ある人々はそれを何とかしなければと思っていて、そうした方々が私のところに様々な相談や提案に来られるが、どーも、個別具体の結論が先にあり、目的や行動理由は後から付け足しているのではないかと思う事が少なからずあるのだ。

 

そしていづれも、自分の考え・意見が絶対正しいと信じて疑わないのだ。それも1+1は2という単純明快なことならまだしも、10は1+9であると信じて疑わないのは非常に困る。だって、まちがいではないけれど、2+8や、12-2、20÷2とか、5×2など、10と言う結論に到達する式は無数にあるからだ。私は10と言う結論を目的とするならば、引き算でも掛け算でもなんでも良いから手を組んで協力し合えばよいと思うのだが、1+9でなければいけないらしい。

 

一体全体、どういう人生を歩んで来たら、自分が絶対正しいと信じて疑わないようになるのだろうか。そしていかな理由でそれを信念と信じて疑わないのだろうか。信念と意固地は違うと思うのだが・・・。他人の意見に耳を傾けることはそんなに難しいことなんだろうか。

本日これにて

↓↓↓

人気blogランキングへ

 

おまけ:ところで、本日のタイトル「絶対は絶対無い」は論理学的には自己言及の矛盾を含む。つまり、この言い方は論理的に成り立たないが、ま、良しとしましょう。

|

« 領土問題はすべてが特殊解 | トップページ | 情報過多は不足と同じ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/55529218

この記事へのトラックバック一覧です: 絶対は絶対無い:

« 領土問題はすべてが特殊解 | トップページ | 情報過多は不足と同じ »