« 何故、人口を増やさなきゃいけないの? | トップページ | 都知事選お疲れ様 »

2014/02/08

チャンスをピンチに変えたゴーストライター

佐村河内氏のゴーストライター事件が世を騒がせている。「和」を尊ぶ日本人のメンタリティからすれば、人々を騙した張本人の佐村河内氏より、仲間を裏切ったゴーストライターの方に非難が集中するようだ。更には裏事情をあれこれ想像して、報酬が少ないから仲間割れしたにちがいあるまいと、益々ゴーストライターに非難が集中するだろう。

 

事実だけ冷静に考えれば、一番悪いのは人々を騙した佐村河内氏であり、件のゴーストライターは脇役に過ぎない。だから、このゴーストライターは上手く日本人の心をつかむように立ち回れば、共犯者にも関わらず被害者にもヒーローにもなれたはず。

 

このゴーストライター氏の会見はあまりにもお粗末で、千載一遇のチャンスをぶち壊した。では何がマズイか・・・。

http://www.jiji.com/jc/v4?id=201402gw_niigaki0001

 

■「報酬は700万円くらい」

って、ストレートにこう言っちゃ、アウツだ。誰だって、エッたったそれだけと思うではないか。じゃそれが不満なんだな、となって、なんだセコイ奴もっと金がほしいから仲間割れかよ、で「共犯者」となってしまう。

 

「佐村河内の名前で人々が私の曲に感動してくれるなら、曲自体は私のオリジナルなので、私は一生彼の影武者、無名のままでも良いと思いました」とか「なので、報酬はさして問題ではなく、ただでもよかった。だから1曲10万多くて200万でしたか。合計しても20年で700万円くらいだったと思います」くらいの事を言っておけば、おーそーか、となったかもしれない。

 

■高橋選手が私の曲を使うのを知り・・・

って、これアウツでしょ。全く言い訳にも屁理屈にもなってない。正に高橋選手が現地入りしソチオリンピックが開催される直前に、あなたが選んだ曲はインチキです、あとで世界から非難されますって、そりゃないだろ。

 

オリンピックの後で、曲がインチキだと分かっていったい誰がその曲を選んだ選手を非難するのか、いったいどういう思考回路でそう思うのか、単に意味不明の屁理屈で自分の曲を世界に紹介してくれる高橋選手の足を引っ張るだけではないか、ハッキリ言って相当アタマ悪い人という印象を受けた。

 

※なぜ、こんな記事を書いたか・・・

さてさてこの事件、ゴーストライターの存在がほのめかされたとき、私は真っ先に、すげー!大ヒットを飛ばせる作曲家が無名なのか、じゃ、この作曲家の次の曲が聞きたいと思った。なので、ゴーストライターの会見があると聞いたとき、とんでもない才能がついに日の目を見るのかと期待してたが、見事間抜けな会見でぶち壊してくれたからだ。

↓↓↓

人気blogランキングへ

|

« 何故、人口を増やさなきゃいけないの? | トップページ | 都知事選お疲れ様 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャンスをピンチに変えたゴーストライター:

« 何故、人口を増やさなきゃいけないの? | トップページ | 都知事選お疲れ様 »