« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014/03/29

袴田事件は明日の我が身

東京高裁は袴田巌さん(78)の釈放を認めた静岡地裁決定に対する検察側の抗告を棄却したという。再審の結果を待たなければ袴田さんが無罪かどうかは分からないが、少なくとも司直による証拠捏造が明らかになっているのだ。このことは、支援団体が主張しているのではなく司法がそう判断したのだから、それでも抗告をすると言うからには、司法の判断が間違っているという事だろう。ならば、検察側は、棄却されても何故抗告したのか、その判断を誰がしたのかを明らかにしてほしい。

続きを読む "袴田事件は明日の我が身"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/03/22

クリミア問題は日本にとって千載一遇のチャンス?

クリミア住民投票で95.5%がロシア編入支持、これを受けロシア議会はクリミア半島の領有を決議し、米欧は制裁準備をしていると言うが、何が悪いのだろうか。住民投票の準備期間が短かったり、ウクライナ憲法違反とか、ロシア軍が侵攻してたりと、細かく見れば?な要素はあるが、ともかくも住民投票した結果を受けた形だから、今までの侵略戦争とは全く違う領有の仕方だ。

続きを読む "クリミア問題は日本にとって千載一遇のチャンス?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/16

本質とかけ離れたSTAP細胞小保方氏疑惑騒動

STAP細胞発見の真偽についてあれこれ、賛否両論にぎやかだが何故、それを論じきれるのか全く理解不能だ。だって、何を根拠に虚偽を判断するの?理研やマスコミ報道から何が皆さん分かると言うの?理研の会見を見ても多くのマスコミ報道を目を皿のようにして見ても、何処にもSTAP細胞発見が虚偽と判明したとは書いてないのに、あたかも小保方氏の発見が嘘あるいは本当であるかのように大騒ぎしている。

続きを読む "本質とかけ離れたSTAP細胞小保方氏疑惑騒動"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014/03/15

営業の電話

今、投資のご案内と称してエヌブラザースなる会社から電話があった、地域を担当しますので一度ご挨拶に、と言うので、丁重にお断りしたら、おい、こいつはダメだなとつぶやく声を(わざと)を聞かせ、いきなりがちゃんと切られた、実に不愉快だ。

続きを読む "営業の電話"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/09

学術論文的に日常を考えると

イイ歳こいて、私は今某大学院の博士後期課程にいる。仕事をしながらなのでタイヘンと言っちゃタイヘンだけど、自分の専門領域で論文を書くので実はそうでもない(たぶん?)・・・、と言いながら、もう何年もいるので、そろそろ終わりにしなくては。それはさておき・・・、

続きを読む "学術論文的に日常を考えると"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/02

携帯マナーの怪

いまだに、電車やレストラン内での携帯がマナー違反というのが理解できない。だって皆さんふつーに会話してるでしょ。それがなぜ電話になるとダメなの?

続きを読む "携帯マナーの怪"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »