« 営業の電話 | トップページ | クリミア問題は日本にとって千載一遇のチャンス? »

2014/03/16

本質とかけ離れたSTAP細胞小保方氏疑惑騒動

STAP細胞発見の真偽についてあれこれ、賛否両論にぎやかだが何故、それを論じきれるのか全く理解不能だ。だって、何を根拠に虚偽を判断するの?理研やマスコミ報道から何が皆さん分かると言うの?理研の会見を見ても多くのマスコミ報道を目を皿のようにして見ても、何処にもSTAP細胞発見が虚偽と判明したとは書いてないのに、あたかも小保方氏の発見が嘘あるいは本当であるかのように大騒ぎしている。

 

否定する側は、マスコミ報道に乗っかって、その解説をうのみにしてあたかも、学術論文の作法を知った気になり、ケシカランと騒いでいるようだ。

 

一方、擁護派は、こうした否定意見に対して可能性の部分を見ていないとなじるが、希望と現実がごっちゃになっている。即ち小保方氏の発見が偉大なので信じたいという気持ちがあり、それが信じるに転化しているようだが、「こうあってほしい」と「こうだ」は全く無関係、前者は個人の思いで後者は事実だから全く無関係、似て非なるものだ。

 

先日もこのタイムラインに書いたが、STAP細胞の発見は人類に貢献するレベルの大発見だ。このことは小保方氏とは全く無関係に、誰が発見しようと重大な事だ。それを日本にいる「日本の学者」小保方氏が発見した(事になっている)のだ。

 

最優先事項は、①STAP細胞が存在するか否かの検証であり、②次に小保方氏にその発見の栄誉が有るか否かだ。だから当事者ならともかく、第三者の我々にとっては①こそが重要で、②は付け足し、極論すれば、誰が発見しようと、どんなやり方をしようと、STAP細胞が日本で発見されてればいい。

 

このSTAP細胞が今のところ日本人科学者の手で発見されたのだから、我々日本人にとってはSTAP細胞存在の否定が確定するか否かが問題であり、存在が確認されたなら、その生成手順の公表の仕方がどうであれ日本の財産なのだ。それなのに何故、肝心のSTAP細胞の真偽確認をそっちのけにして、小保方氏個人のありようを問題にして、あたかもSTAP細胞の真偽を論じているかのように賛成派反対派がワイワイ騒ぐのか、バッカじゃねーの。キミたちは何を論じてるの?単に小保方ファン、アンチ小保方なだけでは?

 

繰り返す!我々日本人が関心を持つべきは、STAP細胞が再現できるか否かなのだ、もっと言うと存在するか否かなのだ。それが分かるまでは、小保方氏を非難しようと擁護しようと、なこたーどうでも良い。博士論文に不備があったのなら当事者同士でどうするか考えれば良い事、博士論文がSTAP細胞の生成技術を述べてるわけじゃないから、第三者が関心持つ話ではないだろう。

 

ネイチャー掲載論文の写真が小保方氏の博士論文の写真だった?そりゃケシカランね。で、それがSTAP細胞否定の根拠になるの?なるんだったらとっくにネイチャーは論文を取り消してるだろう。

 

以下は余談。

 

ところで公表された手順では誰も再現できず小保方氏にしか生成できなかったとしても世紀の大発見ではあるまいか。もし私が、テキトーに薬を調合し、そこに我が家秘伝のタレをちょいと入れたら、あらら不思議なことに不老不死の薬が出来たとしよう。これではおそらく学術論文は書けないが、効果は間違いないとなれば世紀の大発見大発明には違いあるまい。

↓↓↓

人気blogランキングへ

|

« 営業の電話 | トップページ | クリミア問題は日本にとって千載一遇のチャンス? »

コメント

問題はその『不老不死の薬』を見た人も効果を確認した人もいないわけですよ。

そんなことで科学者として成り立つなら、誰でも彼でも虚言で科学者になれますよ。

世論が怒ってるのは誠意のなさと納得できる説明のないまま感情に訴え、周りに泣きつき、庇いたてられ、全く科学者としての土俵で勝負してないからですよ。自分は科学者のはしくれですが怒りを覚えますね。同じ科学者としての看板を掲げてほしくもない。

偽物だと決めつけて怒ってるんじゃない。
周囲も含めた対応ですよ。
職業意識の問題ですよ。
べつに彼女がどうなろうが構いはしないが、未熟な人間は出直してこいと言うことです。世を担ってほしくないと言うことです。

世論の感情に圧倒されて問題の本質を分析できてないようですが、もっと冷静に考えを整理されたほうが恥をかかなくてすみますよ

投稿: 通りすがり | 2014/08/28 18:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/59304632

この記事へのトラックバック一覧です: 本質とかけ離れたSTAP細胞小保方氏疑惑騒動:

« 営業の電話 | トップページ | クリミア問題は日本にとって千載一遇のチャンス? »