« 中村教授バッシングは島国根性丸出し | トップページ | 女子アナ内定取り消し日テレの言い分とは? »

2014/11/01

拉致問題に見る自ら手足を縛る日本国民

拉致問題に関する今回の訪朝は、大方の予想通り何ら実のない結果に終わった。訪朝団に対して色々批判はあるようだけど、はて、今の日本に一体何ができるというのだろうか。

 

知性とか羞恥心のない相手から見れば、日本とはとてもお人好しのお金持ちで、何をしても口で怒るだけで絶対に手を出すことがない相手でしかないだろう。だから北朝鮮は絶対に安全を保証されているわけで、とにかく好きなように自分たちの要求をすればいいのだ。何しろ絶対に制裁や報復を受けないのだからこんな楽な外交交渉はあるまい。

 

よく経済制裁というが、日本が北朝鮮の経済活動を妨害するというならともかく、日本から得ていた利益を停止するだけのことを制裁というにはおかしな話だ。

 

これ現実の我々の生活に置き換えればわかるだろう、商売をやってるAさんがヤクザから身内を人質に取られ、ヤクザが金をせびり、おしぼりを買わされていて、取引や金を渡すのをやめた場合、単に関わりを持たないだけだから、これを制裁とは言わないだろう、制裁というなら、そこから更に積極的な行動つまり、ヤクザ事務所を襲ったり、ヤクザがおしぼりを売るのを妨害するというように報復することを言うはずだ。

 

さて、毎度のことだけど日本の北朝鮮に対する外交をマスゴミ・評論家諸氏始め多くの国民が批判するけれど、宣戦布告なしに国境を侵犯し我が同胞を拉致してしまった相手に、一切の手は出しませんという前提で、話し合いをして来いという方がどうかしてる。

 

つまり政府の手足を縛っておいて、俺たちを暴漢から守れないのかと文句を言う国民がどうかしてるのだ。ヤクザ国家と話をつけろというなら、それなりに戦える条件を整えて送り出さなければなるまい。丸腰で行かされる側は、どんなエリートだろうがたまったもんではないだろう。

 

平和憲法のおかげで、今の日本の平和があるというなら、なぜ拉致問題が起きているのか、どうやって解決するのか道を具体的に示すべきだろう。実際に武力を行使するか否かは別にして、腰の刀はいつでも抜けることを示さなければ、ヤクザと交渉など出来るわけがない。

 

拉致問題に限らず、竹島や尖閣、小笠原での堂々たる密猟など、現実にもうどうしようもないところまできているのに、改憲反対なんて言ってる場合なんだろうか。議論するならば改憲の是非ではなく、どう改憲するのか、どうシビリアンコントロールを保つのかといった運用面ではないのか。

 

ヤクザ国家北朝鮮を相手に、実のない交渉になるのはわかりきってるのに、そこから一歩も踏み出す条件を作ろうとしない日本国民の現状を見ると、その日本国籍を持つ一人として恥ずかしい。

↓↓↓

人気blogランキングへ

|

« 中村教授バッシングは島国根性丸出し | トップページ | 女子アナ内定取り消し日テレの言い分とは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/60577084

この記事へのトラックバック一覧です: 拉致問題に見る自ら手足を縛る日本国民:

« 中村教授バッシングは島国根性丸出し | トップページ | 女子アナ内定取り消し日テレの言い分とは? »