« 政治に失望したから投票しないって、何言ってんの? | トップページ | 世界に誇れるロータリーエンジンの思い出 »

2014/11/23

騙されるな解散の争点は解釈改憲の是非!

解散でアベノミクスの信を問う?

プッ、バカ言っちゃイカンよ!信を問うのは解釈改憲で明らかになった数の横暴でしょ。

 

特定秘密保護法もそうだけど、十分な審議をつくさず数を頼りに押し切るやり方の是非こそが争点であるべきでは?

 

 消費税?

そんなもの確かに大事ではあるけれど所詮個別の経済政策に過ぎない。こうしたことを重箱の隅とは言わないが、解釈改憲は国家運営の根幹を変えてしまうのだから、明らかに重箱のど真ん中にてんこ盛りの大問題じゃないのか。

 

評論家諸氏含め国民は、喉元すぎて、忘れちゃったのかね。

野党も含め、皆さん乗せられ過ぎでしょ。

 

野党は何故今解散なのかと裏読みばかりして、解散されちゃったとの思いなんだろうが、常々文句言ってる「数の横暴・独裁政治の是非」を争点にすりゃ逆にチャンス、与党にとっては冷や汗ものだと思うけどね。

 

私が野党なら、こう言うね。

 「皆さん、この解散は、与党の数を頼りにした強硬な採決・国家運営の是非を問うものです。解釈改憲や特定秘密保護法の成立を忘れてはいけません、このまま与党が過半数を取るなら、この先どんな法でも通ってしまいファッショ化します、それでは戦前に逆戻りではありませんか。」

↓↓↓

人気blogランキングへ

 

注)念のため追記=私は憲法改正論者だ。だから憲法改正の是非は論点にあらず、また個別の政策論もしかり。基本的な国家運営のルールを論点にしているので念のため。

|

« 政治に失望したから投票しないって、何言ってんの? | トップページ | 世界に誇れるロータリーエンジンの思い出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/60698074

この記事へのトラックバック一覧です: 騙されるな解散の争点は解釈改憲の是非!:

« 政治に失望したから投票しないって、何言ってんの? | トップページ | 世界に誇れるロータリーエンジンの思い出 »