« 護憲だからと国民投票に反対するのはファッショと同じ | トップページ | 思い込み »

2015/06/27

アメリカから押し付けられた憲法って、それが何か?

昔から気になってたんだけど、憲法がアメリカから押し付けられたものだから云々という論調があるが、アメリカから押し付けられたものであろうとなかろうと、憲法の価値判断にいったい何の関係があるというのだろうか。

本気でこういう事を議論してる方々には申し訳ないが、どーでも良い議論だと思う。こういう議論をする人達は、薬の効き目を判断するのに、入手経緯で判断するんだろうか。

 

 

 道で拾ったものであろうと、押し付けられたものであろうと、あるいは自分で選んだものであろうとパブロンの効き目と必要性には何の影響もあるまいに。

 

アメリカから押し付けられたものであったとしても、我々日本人に必要ならば憲法を護持すればいいし、仮に日本人が作った憲法であっても、改正した方が良ければ改憲すればよい。憲法の出自を問題視するのは、全くもって理解不能だ。

↓↓↓

人気blogランキングへ

 

|

« 護憲だからと国民投票に反対するのはファッショと同じ | トップページ | 思い込み »

コメント

ブログを読んで思ったが結局迷信に縛られた伝統を破壊し国民性を改造すれば済む事じゃないか。
まあ国民性が問題なら改造すれば良いという逆転の発想を僕以外の日本人は持っていないが。
それにブログ主の論法では日本を駄目にしたのは聖徳太子であり文化大革命をやって孔子を全否定した中国同様に文革を行い法隆寺を焼いて、迷信と古い国民性をゼロから破壊して改造すりゃ済む事なんじゃないか。

投稿: 無銘 | 2015/09/11 01:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/61801586

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカから押し付けられた憲法って、それが何か?:

« 護憲だからと国民投票に反対するのはファッショと同じ | トップページ | 思い込み »