« 思い込み | トップページ | ◆テロに屈した国家 »

2015/09/26

■常に火種を残すのは国民性?

憲法9条のめぐる解釈論議は、自衛隊の合憲論から始まり、ついには集団的自衛権行使容認にまで行き着いて、昔も今もかまびすしい。

 

だけどあらゆる法の頂点に位置する憲法の解釈が、そんなコロコロ変わっていいもんだろうか、ならばこの先どんな風に解釈が変わるのだろうか。フツーに憲法9条を読んで、それが意味していることは何なのか知りたいもんだ。

 

フツーの日本語として考えればどう考えたって自衛隊は違憲だと思うが、自然権だかなんだが持ち出して合憲と言うし、ついには集団的自衛権も合憲と言い出した。ならばこの先無駄な議論を避けるため、憲法9条の意味してるところは何なのか、明確に定義付けすべきだろう。

 

それとも、常に火種を残すのは国民性?

 

「武力の行使を放棄し、戦力を保持せず交戦権は認めない。」とはどういう意味なのか、何故明確にしないのだろうか。武力の行使を「放棄」しておいて自然権としての自衛権はアリなんて屁理屈もいいとこじゃないか。

 

護憲派も改憲派も解釈を明確にせず、常に曖昧なまま、あーでもない、こーでもないとやって、結局次々と解釈を加えてしまい、9条が日本語として理解不能な文章となってしまっている。

 

解釈でコロコロ変える、あるいは変えざるを得ないような条文ならば、有って無いようなもので、混乱をきたすだけ害をもたらすから、いっそ削除するべきだろうと思う。その上で国民の総意として必要ならば、具体的にどうしたいのかを改めて定めれば良いじゃないかと思う。

 

まあ、なんでも反対と言うのが昨今の我が国の様子なので、憲法改正となったとたんに発狂する人が出そうだけど、改正イコール改正ではない、国民投票で削除か、改正か否かも含めて意思確認すりゃいいんじゃないか。

↓↓↓

人気blogランキングへ

|

« 思い込み | トップページ | ◆テロに屈した国家 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101905/62355681

この記事へのトラックバック一覧です: ■常に火種を残すのは国民性?:

« 思い込み | トップページ | ◆テロに屈した国家 »