2005/12/17

日本語の怪

昔から日本を指して、東洋の神秘なんて言われているが、ホント日本は不思議だ。

先ず、単語として全く違う意味を、同じ言語体系で持ってたり、意味不明の言葉って、日本語ぐらいじゃないだろうか。例えば、・・・・

緑の黒髪:これを聞いたとき、は?でしたね。ミドリイロノクロってどんな色?ニホンジンふつーに使っているが、やっぱり変だ。そういえば、信号機も緑なのに青と言ってるな。青は実は緑で、緑も実は黒?ふーむ分からん。もしかしたらミドリちゃんの黒髪? なんて考えると妙にうきうきするが・・・、やっぱり分からんナ。

走って歩く:この言葉は、埼玉県の旧岩槻市(今のさいたま市岩槻区)あたりの方言かもしれない。最初聞いたときはギョッとなったが、要するにせわしなく走り回っている様子を言うらしい。が、同時には成立し得ない相反する行動を一つの熟語にしちゃうところは、緑の黒髪以上にスゲーというかテキトーだ。「走って泳ぐ」とか「泳いで歩く」なんてのもあるのだろうか、もしかしたら「立って座る」とか?ニホンジンてスゴイと思った。

きっと:この言葉、本来は「確かに」と言う意味なんだろうが、実際は「タブン」の意味で「メイビー」とか「パハップス」だ。言葉としてはほとんど反対の意味を持ってるところがすごい。「彼はきっと約束を守ります」と言ったら、「守らないだろう」とも、「守るだろう」とも受け取れるのだ。頼むよ。

ケッコウ:これもそう。OKNO、両方の意味だ、たまらんなー、もう。「埴輪の2006年モデルいかがでしょうか」「ケッコウ」「お買い上げありがとうございます、消費税込みいちまんごひゃくえんデス」「なに!要らんといっただろ」こういうバトルは日本だけ。

意味不明な言葉:その他意味不明な言葉がいっぱい。凛とかケレンという言葉も良く分からない、あと、前にも書いたが、日本語の「数」って全く意味が無いようだ。数人とか、数時間と言うアレです。ついでに言うとこのアレもよく分からないな。「数」を辞書で引くと、「2・3、3・4或いは5・6若しくは7・8かそれ以上」なんて書いてあって、もう無茶苦茶。「数ヶ月以内にはきっと約束を果たします」なんていわれてもなあ。「9ヶ月以内のいつか、ひょっとしたら約束を実行しましょ」ってか

よく事件がある度聞くのが、道義的、これもよく分からない、「道義的責任を・・・」とか言って、TVでエライ人がよく御免なさいしてるけど、実際のところ何人の日本人が分かっているのだろう。

他にもいっぱい分からない言葉や意味不明な言葉があるが、言葉とは本来意思伝達を目的とするコミュニケーションツールなのに、何故に日本語はこんなに曖昧で、本来の目的に反しているのだろうか。それどころか言葉の意味が誰にも分かると、差別用語となって、意味は全く同じなのに別の分かりにくい言い方に変えられたりする。

どうやら、日本語は分かりにくくなければいけないらしい。ではどうやって日本人はコミュニケーションをとるのだろう、テレパシーなんだろうか。それとももともとそんな事を必要としていないのかもしれない。

そう言えば、一連の構造計算書偽造事件では、「鉄筋本数減らせ」イコール「偽造しろ」か「経済設計」なのか、全く定義付けしないで、鉄筋本数がどうたらこうたら言っているが、議論の対象をはっきりさせると、日本人には面白くないのかもしれない。お互いが同じ言葉を使っているが、実は正反対の事を主張しあっていて、「走って歩いた」り、「きっと」、「けっこう」な議論をしているのだろう。

だからそのうち、何を言ってるのかお互い分かんなくなっちゃって、飽きてしまい、嵐が去っていくのだろう。残された人は、たいへんだけど・・・・。

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2005/09/29

分からない差別用語

差別用語というのがありますね。メクラとかチンバとは言ってはならない、差別用語だと言うアレです。確かに差別というか蔑視はいけません。ただ、どこからが差別かが難しいし、そもそも、差別自体悪いことのような言いかたも疑問です。

だって言葉自体が物事を区別するものであり、区別と差別の違いはそこに優劣判定が入っているか否かなんです。でも実際は何に対して優劣をつけているのか分からなくて、単なる区別に過ぎない差別用語も多いから、だったら差別などと言うより蔑視といったほうが分かりやすい。

例えば百姓、キチガイ、ツンボの類。百姓は職業を表しているだけ、キチガイ・ツンボも身体機能の一部に障害があることを表しているだけで、いづれも蔑称ではありません。ただ、言われた方はいい気持ちがしないというのも分かります。でも、それはその言葉自体ではなく、意味に不快感を持っているのではないでしょうか。

百姓を農家といっても、キチガイ、ツンボを精神障害、聴覚障害といっても言い方をかえただけで意味は何一つ変わりません。言い方を変えた当初は馴染んだ言い方ではないから、直ぐに意味が理解できず頭の中で翻訳作業がワンクッション入り、ソフトな印象を受けるかもしれませんが、馴染んでくれば同じです。

やがて、後何十年かして、意味が定着すると、「障害者」が差別用語になることは明らかです。そのときはなんと言うのでしょうか。朝鮮をチョンといったり、先生を先コウと言うような蔑称と、キチガイ、ツンボのような区分用語を一緒くたに論ずること自体がオカシイのです。

ずいぶん前のことですが、タクシーに乗った時「この辺は朝鮮人が多く朝鮮学校がある」といったところ、運転手が朝鮮人という言葉に反応して怒り出しました。朝鮮人を朝鮮人と言っていけないなら何と言えばよいのか分からず聞いた所、ますます怒り出す始末で途方にくれました。

おそらく件の運転手は朝鮮人で、かつてそのことで散々バカにされたのでしょう。彼の頭では朝鮮人=チョンとなり、蔑称に聞こえたことは想像に難くないのですが、こうなってしまうと、もうどうにもなりません。区別自体がいけないことになるので、日本人を日本人と言うだけで怒られるようなものです。どういう言い方をしようと解決しないでしょう。

メクラを盲目と言ってもやがては怒られるし、そうなると「眼球若しくは視覚神経に障害を持った方」となり、それでも「障害」とはナンだケシカランとなって、「正常な機能を発揮できない」というと、正常ではないとはケシカラン・・・と延々とつづくのです。

少数派を異常と決め付け、差別する気持ちを変えない限り同じなんであって、小手先の言葉でオブラートに包んでもお互いがメンドクサイだけで何の解決にもなっていないことをお分かりいただければと思うのです。

また、我愚息が小さい頃、我母に対しバサマと言うので、バカモンと怒ったところ、キョトンとして、お婆ちゃんに様を付けて丁寧に言ったのがいけないのと聞かれ、思わず絶句したことがありました。人それぞれ、自分自身の受け取り方にも問題があると言えましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/05/18

■ステレオタイプ

最近よく聴く言葉に、ステレオタイプと言うのが有る。イミダスによれば、偏見の一種だとか。「偏見には認知・感情・行動3要素があるが、行動要素に限定したものが差別、認知的要素が全員に一般化されたものがステレオタイプである。」だと。何かしっくりこない。

ガイジンが言うのもヘンだが、まず日本語としてこの説明文の構造がしっくりこない。~タイプというのは、対象物を幾つかの集団に分類した時の集団を表す言い方、例えばお金持ちタイプとか、スポーツタイプとか。で、普通それ以外に貧乏タイプと言ったように説明されるか暗黙に分かる。

で、さらにその後に、スポーツタイプの車というように個々の属性の説明がある。だから「偏見」を幾つかに分類してその1つがステレオタイプというのならわかるが、認知・感情・行動3要素に分類したうち、「認知的要素が全員に一般化されたものがステレオタイプである。」というのは、偏見をいくつかに分類し、そのうちの認知的要素をさらに分類した形であるはずなのに、認知的要素分類の結果がステレオタイプ1つしかなく、ステレオタイプ以外の説明も意味の説明もない。

なに、分かりにくい?要は、偏見の要素のうち、行動要素=差別としているから、認知的要素=ステレオタイプというのなら分かるが、認知的要素の1つにステレオタイプがあるということなので、では他は?で、意味は?となって、何かしっくり来ないのだ。

言葉の意味の説明なのに、その言葉の意味の評価をしてしまう。形而上学的ってどういう意味ですか?と聞くと、それは難しい哲学上の表現です、とか日本ではこういう説明、ケッコウ多い。

加えて日本語には言葉自体に意味をなさなかったり、意味不明の言葉が多い。「数日のうちに・・・」の「数」などは、1~9全部を意味しておりその代表だが、他にも「目線を下げて・・・」とか「信頼関係が・・・」、「そうなると、あれですから」、「基本的には・・・」といった言い回し等もそうだ。

「基本的には」って言われてもなあ。「故障しませんか?」「ハイ、基本的にはアレですから大丈夫です」なんて言われると、「基本的」ってどういう意味?と突っ込みたくなる。それにアレって何?故障しないか聞いているのに、大丈夫とは?大丈夫かどうかはこっちが決めることだろ!

ついでにもう一言、何の意味も無い言葉で気になるのが「ホウ」。「お勘定のホウお願いします」とかの「ほう」は有っても無くても意味は全く同じ、言葉の経済性から言えば全くのムダと言えよう。

レストランで「お座席のホウ、奥のホウにご用意してあります。足元のホウご注意下さい」などと言われると、回し蹴りのイッパツも食らわしたくなるとは日本の友人の弁。頼むよニポンジン、分かる日本語使ってくれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)