2010/03/18

クライメート・ゲート事件と温暖化真偽説の不思議(3)

さて続き、ともかくも温暖化している現象とCO2が温室効果ガスである事は、いづれも否定しえない事実である。なのに温暖化懐疑派の論理は、近年地球が温暖化している現実を論点とはぜず、大昔にも気候変動があったとか、原因は人為的ではないといったことばかりである。

続きを読む "クライメート・ゲート事件と温暖化真偽説の不思議(3)"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010/03/17

クライメート・ゲート事件と温暖化真偽説の不思議(2)

では件の「捏造」されたとされるデータが表す内容を検証してみよう。先ずは年輪からの推定温度に60年以降を温度計データで接ぎ木したとされる問題の図のURLが田中宇氏のブログ記事に紹介されているが、それがこれだ。

http://www.wmo.ch/pages/prog/wcp/wcdmp/statemnt/wmo913.pdf

続きを読む "クライメート・ゲート事件と温暖化真偽説の不思議(2)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/03/15

クライメート・ゲート事件と温暖化真偽説の不思議(1)

昨年暮れに発覚したクライメート・ゲート事件を御存知だろうか。なんとなくウォーターゲート事件にごろ合わせしていて、あたかも巨大な陰謀のように思う方も少なくないのではとも思う。実際、ネットでくぐってみてもメディアの記事はほとんどヒットしない。

続きを読む "クライメート・ゲート事件と温暖化真偽説の不思議(1)"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010/03/08

CO2削減に反対する不思議

地球温暖化対策におけるCO2排出削減策に対して、様々な反対意見があるが、「温暖化現象は起きている」「CO2は温室効果ガスである」「CO2は産業革命以降増加し280PPMが380PPMまで上昇した」この3点を前提に考えると根本的なところで、反対意見には理解しがたいところがある。

続きを読む "CO2削減に反対する不思議"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009/12/31

環境にも優しかった地方分権?

日本の人口が2005年をピークに減少局面に入ったことは皆さんご存じだと思う。ちなみに、日本の人口動態は覚えやすい10年サイクルがあって、1995年に生産年齢人口がピークとなり、その10年後の2005年に総人口のピーク、そのさらに10年後の2015年に世帯数のピークを迎える。

続きを読む "環境にも優しかった地方分権?"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009/01/29

地球のホメオスタシス

前エントリーには、珍しくたくさんのコメントをいただいた。皆さんの真摯なご意見に感謝する次第。ところが、コメントいただいた事は分かっていたけれど、多忙にかまけてお応えする時間がなかった。

続きを読む "地球のホメオスタシス"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/01/26

CO2削減反対論者の不思議

ここのところ暖かい。とても1月下旬の陽気ではない。そして、年々暖かくなっている。子供の頃は水面に氷が張るのは当たり前。杉並区の善福寺公園の辺に暮らしていた私は、クソガキの頃、冬ともなれば池の氷の上を滑って遊んでいたが、今はそんなこと出来ないだろう。

続きを読む "CO2削減反対論者の不思議"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008/02/06

R134の話

R134と言えば、皆さんは何を思い浮かべるだろうか、私のバヤイは、ほぼ条件反射的に代替フロン。でも、これってよほどエキセントリックあるいはマニアックな話なんだろう。タブン私と同じ反応をする方は、環境問題特に大気質に関心有る方か、メカ好きな旧車マニアだろう。

続きを読む "R134の話"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007/08/24

カラスがいなくなった日

ここのところの猛暑は、暴力的だ。熊谷で40.9度を記録して以来、気温37度などと聞いても、驚かなくなった。体温以上の気温も珍しくなくなったが、以前では考えられない気温だ。

続きを読む "カラスがいなくなった日"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007/07/26

原発反対は本当に環境問題?

7/23の記事では、話が対テロ危機管理→テロの事例から原発に移ってきた。話の展開が流動的なのは拙ブログの特長、あれれ?と思いながらも、ついでだ、も少しお付き合いくださいな。いづれにしても、日本でなにかの是非を議論する時、是非の評価軸が、その事象直接のことから離れ、無関係の判断基準が取り入れられやすいと言う事を言いたいのだ。

続きを読む "原発反対は本当に環境問題?"

| | コメント (1) | トラックバック (2)